ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬株式会社
  • umbro
  • SHIP HEALTHCARE
  • 大建工業株式会社
  • TOYO TIRES
  • セブン-イレブン
  • 大阪国際大学
  • スポーツオーソリティ
  • 追手門学院大学
  • 朝日新聞

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

リリース日:~

一つ前のニュース

2017.7.16[ユース]

《ユース》スウェーデン遠征 レポート⑤

一つ後のニュース

  • 試合前写真
  • 試合写真
  • 市内観光①
  • 市内観光②
遠征5日目

スウェーデンの生活や食事にも慣れてきた遠征5日目の朝は、6時45分の散歩からスタート。
11時30分からトレーニングマッチを控えたチームは朝食後、試合会場に移動した。
到着後、約1時間トレーニングを行い、試合に挑んだ。

トレーニングマッチ(30分ハーフ)

ガンバユース 3 - 1 VarbergBOIS
[前半2-0/後半1-1]

【得点者(ガンバY)】
大谷×2、食野


【先発メンバー】
GK 王
DF 奥田 大石 高橋 久保(賢)
MF 國分 食野 長尾 岩瀬
FW 大谷 永山

交代:永山→コルドバ
長尾→久保(勇)
岩瀬→福井
奥田→天野
大谷→長尾
國分→奥田
食野→岩瀬
大谷→永山
王→吉川

本大会にまで最後のトレーニングマッチとなる相手はVarberg(バールベリ)という街にあるクラブであるVarbergBOIS。前半、相手の勢いのある攻撃に若干押し込まれる立ち上がり。スピード、高さを活かし相手FWが背後に抜け出したりクロスからゴールを狙ってくるがGK王が飛び出しチャンスを潰す。一方のカンバはカウンターからゴールを狙う。コンビネーションでの突破を試みるが昨日とは違い、簡単には崩せない。お互い一歩も譲らない展開。試合が動いたのは前半16分。好調の岩瀬が左サイドをドリブルでカットインしそのままミドルシュート!相手GKが弾いたこぼれ球を大谷が決めて待望の先制点を挙げる。この得点が響いたのか相手チームの勢いがなくなりゲームをコントロールし始めたガンバ。立て続けに前半22分、FW大谷の献身的な守備でボールを奪いそのままカウンター!食野が長い距離を走って数的優位を作り大谷からのパスを受ける。最後は相手DFを冷静にかわしゴールを決め2点目を奪い、前半2-0で折り返す。後半も得点を奪いに行くガンバは12分にクロスから大谷が本日2得点目を決めて相手を突き放す。無失点で終えたかったが終了間際にCKから失点し試合終了。3-1で勝利した。

午後からは市内観光でVarbergに訪れた。1200年からあるお城の跡地が観光地となっている。街並みも海も綺麗で多くの観光客が訪れていた。そこで各自観光した後近くのレストランで夕食を摂り宿舎に戻った。

宿舎に戻った後は映像を使って全体ミーティングを行った。

明日は本大会が開催される街への移動日。いよいよ本大会が近づいてきた。トレーニングマッチは3連勝。本大会も結果にこだわりながらも内容も求めて行きたい。その中で選手が何か気づきを得て大会中から変化をもたらせるようチーム全員で戦っていきたい。