ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • スポーツオーソリティ

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

リリース日:~

一つ前のニュース

2018.9.9[ユース]

≪ユース≫ 「2018 プレミアリーグ ⑫」vs東福岡高校 試合結果

一つ後のニュース

2018年9月9日(日) 17:00キックオフ
会場:東福岡高校グラウンド

【前節までの成績/順位】
6位 ガンバ大阪 勝点17 4勝1敗5分 得点26 失点21 得失点5

ガンバ大阪ユース 4-5 東福岡高校
[前半1-1/後半3-4]

【得点(ガンバY)】
奥野、丹羽、久保(賢)、川﨑

【先発メンバー】
 GK 駒井
 DF 岡治、河井、大石、吉木
 MF 岩本、長尾、丹羽、足立、奥野
 FW 原田

【交代】
足立→福井
長尾→川﨑
大石→西村
岡治→久保(賢)
原田→國分

前半立ち上がりから激しい攻防が繰り広げられる。
東福岡はピッチを幅広く使い縦へ早い攻撃やサイドチェンジを駆使してゴールへ向かってくる。前半9分相手の素早いサイドチェンジからクロスを上げられヘディングで折り返されるも駒井がセーブ。前半15分ガンバユースにビックチャンスが訪れる。右サイドを駆け上がった岡治が相手DFとGKの間に速いクロスを上げる。そこへ走り込んだ足立が合わせに行くもボールに触れられずビックチャンスを逃す。その直後16分には足立のスルーパスに反応した原田。右足で打ったシュートは左ポストに直撃。再び跳ね返ってきたボールを原田が左足で打つもボールはバーの上を超える。立て続けにビックチャンスを決めきれないガンバは31分左サイドで背後を取られそのままシュートを打たれる。一度は駒井がセーブするがこぼれ球を押し込まれ先制を許してしまう。38分ガンバの反撃。丹羽が中央から岡治へ展開しそのままクロス。走り込んだ奥野が頭で合わせ同点ゴールを決める。その後も42分、45分と原田が決定機を迎えるも決めきれず前半終了。
後半立ち上がりガンバはボールを保持しながらチャンスを伺う。岩本の1タッチパスで足立が背後に抜け出すがボールが収まらずシュートまで持ち込めない。試合が動いたのは52分一度は攻め込まれクリアするも相手に拾われミドルシュートを打たれる。それがゴール左隅へと吸い込まれリードされてしまう。再び同点へと持ち込みたいガンバユース。失点直後、長尾のスルーパスに奥野が良い1stタッチでペナ内へ進入してシュートを打つもGKにセーブされる。55分相手陣地でボールを動かし崩しにかかるがボールを失いカウンターを受け失点し、1-3に突き放される。ガンバは63分足立、長尾に代わり福井、川崎を投入し反撃に出る。68分奥野がサイドへ動き出した川崎にパスを送る。川崎がクロスを上げうまくマークを外した丹羽が押し込み2-3に詰め寄る。なんとか同点に持ち込みたいが76分駒井のゴールキックを弾き返されたボールがガンバDFラインの背後に抜け、クロスを合わされ2-4。再び突き放される。諦めないガンバユースは80分岡治との交代で投入された久保(賢)が前線で奪ったボールを福井のアシストを受けて左足でねじ込み3-4にする。しかし83分左サイドからの縦パスを失いカウンター。そのままサイドを崩されクロスから失点してしまう。再び3-5の2点差にされる。その後も両者とも激しい攻防を繰り広げ89分に川崎の個人技で4-5の1点差へ持ち込むがそのままタイムアップ。悔やまれる敗戦となったが、次節「大阪ダービー」に向けて、気持ちを切り替えて臨みたい。


本日も熱い声援を送ってくれましたサポーターの皆様、保護者の皆様、ありがとうございました。


『高円宮杯JFA U-18サッカーリーグ2018 プレミアリーグ』についての詳細は、
「日本サッカー協会」ホームページをご覧下さい。
http://www.jfa.jp/match/takamado_jfa_u18_premier2018/