ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • スポーツオーソリティ

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

リリース日:~

一つ前のニュース

2018.5.12[ジュニアユース]

≪ジュニアユース≫「サンライズリーグ 9」vsディアブロッサ高田 試合結果

一つ後のニュース

2018年5月12日(土)12:15キックオフ
会場:下鳥羽人工芝

【8節までの成績/順位】
2位 ガンバ大阪 勝点17 5勝1敗2分 得点14 失点7 得失点+7

ガンバ大阪ジュニアユース1ー2ディアブロッサ高田
[前半1ー1 後半0ー1]

【先発メンバー】
 GK 森脇
 DF 脇山、土井、小林、鈴木
 MF 浅野、三木、溝口、平川
 FW 中村、幡司

【得点者】
 小林 
【交代】溝口→髙橋 幡司→桒原 脇山→栗原 

7位ディアブロッサ高田戦、勝って首位に返り咲きたいガンバジュニアユース。
序盤互いに様子をみる展開の中、ピッチを広く使い、距離感を取り、つなぐ意識を持つことを梅津監督が常に指示をしていた。
土井の縦パスから中村が抜け出す動きや、脇山、溝口の連携からサイドを崩すシーンとチャンスを作るが、得点を奪えない。18分CKのこぼれ球を反応され失点するが、25分小林が目の覚めるような豪快なロングシュートを決め同点とする。38分には平川の絶妙なスルーパスに幡司が反応するが、決められず前半を1-1で折り返す。
後半が始まりテンポ良くボールを動かすガンバだが、こじ開けらえない時間帯展が続く。2人目・3人目と攻撃を仕掛けて連続したプレーを期待するが、得点を奪えない。72分相手の強引なドリブル突破から失点する。その後、攻め込むがあと一歩のところで阻止され試合終了のホイッスルが鳴り、1-2の敗戦となった。

『高円宮杯 JFA 第30回全日本U‐15サッカー選手権大会』についての詳細は、
「日本サッカー協会」ホームページをご覧下さい。
http://www.jfa.jp/match/takamado_jfa_u15_2018/regional/kansai/