ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • スポーツオーソリティ

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

リリース日:~

一つ前のニュース

2017.6.24[ジュニアユース]

≪ジュニアユース≫ 「日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会 関西大会」 試合結果

一つ後のニュース
日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会関西大会 3次ラウンド(代表決定戦)

2017年6月24日(土)10時キックオフ

J-GREEN堺 / S9

ガンバ大阪ジュニアユース 6-0 奈良YMCA
[前半1ー0 後半5ー0」
 
【得点者(ガンバJrY)】
中村×2、伊勢、荻野、唐山×2

【先発メンバー】
GK 吉川
DF 大串、當麻、西、寺本
MF 荻野、平川、伊勢、永川
FW 唐山、中村

交代:永川→神田、大串→池田、伊勢→小亀、荻野→菅澤、寺本→西出

勝てば全国大会が決まる重要な一戦に挑むガンバ大阪ジュニアユース。相手は直近のサンライズリーグで敗戦を喫した奈良YMCA。前半開始から攻勢を強めるガンバ大阪。前半9分中村が左サイドの唐山からパスを受けると、相手DFを個人技で交わし先制に成功する。前半を1点リードで折り返すと、後半3中村がペナルティーエリア内で倒され、PKを得ると自ら決めこの日2点目を挙げる。後半14分には、ロングボールに抜け出した伊勢のシュートはポストに嫌われるが、その1分後中村からのボールを受けた伊勢が今度は倒れこみながらゴールへ流し込み、3-0とする。後半33分にはキーパーのポジションを見ていた荻野がセンターサークル付近からロングシュートを決め4-0とする。後半37分には唐山がゴールし、ダメ押しかと思われたが後半アディショナルタイムに唐山がさらに1点を加え、6-0で勝利した。この勝利で苦しみながらも全国大会の切符を手にすることができた。

『日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会関西大会』の詳細は、
「関西クラブユース連盟」ホームページをご覧下さい。
http://www.kansai-cy.jp/taikai_u15.html