ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬株式会社
  • umbro
  • SHIP HEALTHCARE
  • 大建工業株式会社
  • TOYO TIRES
  • セブン-イレブン
  • 大阪国際大学
  • スポーツオーソリティ
  • 追手門学院大学
  • 朝日新聞

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

リリース日:~

一つ前のニュース

2017.8.31[ジュニアユース]

≪ジュニアユース≫ イタリア遠征 レポート⑤

一つ後のニュース

深夜の激戦から一夜明け、本日の2戦目に備え午前中はスタメン組は回復に時間を費やし、サブ組はボール回しを中心にコンディションを整えた。
その後昼食(ペンネ、ビーフ)を取り、午後はビデオミーティング、昼寝をし、深夜の試合に向けて心身ともに余念のない準備を行った。

昨日同様、18時45分に食事を取り20時にホテルより会場に向かった。

この大会での試合への入り方は、昨日の経験から把握しており、落ち着いて準備を行うことが出来たように見える。

試合前のミーティングでは、
「しっかりと勝ちに行くこと、状況に応じたプレーをすること。荒れた深い芝生でもガンバのサッカーをしよう。」
と伝えられ、試合に臨んだ。


第28回ガエターノ・シレア国際大会 6日目

VS ロンバルディア州選抜
2-2(2-2.0-0)

【得点者】
中村、溝口

【先発メンバー】
GK 森脇
DF 土井、平川、小林、野中
MF三木、桑原、浅野、溝口
FW中村、宮路

【交代】
三木→南野、桑原→鈴木

得失点差の関係で、勝たなければ決勝トーナメントに進むことの出来ない相手は、昨夜のローマ同様激しくチェイシングを仕掛け、前から圧力を掛けてくる。
技術でいなしたいガンバ大阪だが、相手の圧力に屈しボールを自分たちのペースで繋ぐことが出来ない。
相手に押し込まれる時間が続くかと思われたが開始4分に、セカンドボールを拾った浅野から三木、宮路と繋ぎ、中央突破からセンターバックが2枚とも食い付いたスペースに走り込んだ溝口へ。シュートも打てる状況ではあったが逆サイドへ折り返し、フリーで走り込んだ中村が相手に当たりながらもきっちりゴールマウスを捉え先制点を挙げる。
このまま優位に試合運びをしたいガンバ大阪だが、その3分後、中盤の攻防に敗れ不用意に出された背後のボールに、相手FWの意表を突いたシュートに対応出来ずこの遠征初の失点を与えてしまう。
このままズルズル行くかと思えたが、チーム全体で踏ん張り失点を許さない。
すると27分、細かいパスワークから、最後は中村のワンタッチで背後のスペースへパスを出し、それに反応した溝口が今度は自らシュートに持ち込み、勝ち越しに成功。
前半を1点リードで終えたいガンバ大阪だったが前半アディショナルタイム。警戒していたセットプレー、相手CKからヘディングで合わされ最悪の形で前半を折り返す。
このまま試合が終われば決勝トーナメント進出が決まるが、勝ちに拘り追加点を狙いに行こうと話し迎える後半。
変わらずシンプルにゴールを狙い続ける相手に苦戦するも、最後まで粘り強く守り失点を許さず、逆に運動量の落ちた相手に勝ち越し点を狙うがこちらもフィニッシュを決めきれない。
お互いにチャンスを作るもチャンスを活かせない展開が続き、時間だけが過ぎて行きそのままタイムアップ。
勝利することは出来なかったが、1勝1分で決勝トーナメント進出を決めた。
準々決勝の相手はAC ミランに勝利しているパルマ。
3連戦と厳しい日程ではあるが、この遠征の目標でもある世界との差異を知るためには是が非でも勝ちたい一戦である。
本日同様出来る限りの準備をして明日を迎えたい。

8/31 21:45 準々決勝
VS パルマ