ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • スポーツオーソリティ

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

リリース日:~

一つ前のニュース

2018.4.28[ジュニアユース]

≪ジュニアユース≫「サンライズリーグ 7」vsRIP ACE 試合結果

一つ後のニュース

2018年4月28日(土)14:30キックオフ
会場:佐野運動公園天然芝

【6節までの成績/順位】
1位 ガンバ大阪 勝点13 4勝1敗1分 得点10 失点4 得失点+6

ガンバ大阪ジュニアユース3ー2RIP ACE
[前半1ー1 後半2ー1]

【先発メンバー】
 GK 森脇
 DF 脇山、土井、栗原、野中
 MF 髙橋、三木、大西、鈴木
 FW 佐野、中村

【得点者】
鈴木 中村 溝口
【交代】髙橋→溝口 佐野→南野 栗原→小林 大西→桒原

雲ひとつない晴天に恵まれた第7節 RIP ACE戦。
序盤、左サイドの野中が前線にくさびをあて、リズムを作る。11分左サイドから中央そして右サイドに展開、タイミング良く上がった脇山のクロスに中央に入った鈴木が見事なボレーシュートで先制ゴール。勢いに乗るかと思いきや、17分約35mFKを直接決められる。相手のロングボールに対して対応が遅れるガンバ。相手のプレスが速く、中々相手自陣に入れない。やや攻め込まれるが1-1で折り返す。
後半からスイッチが入ったガンバ。
脇山・髙橋が積極的に仕掛ける。中村も徐々に相手自陣でボールを受け、ゲームコントロールする。59分圧巻のプレーを中村が魅せる。中央やや左から左足アウトキックでゴールネットを揺らした。
しかし、またしても直接FKを決められる。悪い流れになるかと思いきや、途中出場の南野・溝口が期待に応えた。南野が裏へ抜け出しクロス。反応した中村がスルー?溝口が反応してゴール!3-2と勝ち越した。その後、GK森脇・DFライン土井を中心に守りきり3-2で勝利し首位キープ。

『高円宮杯 JFA 第30回全日本U‐15サッカー選手権大会』についての詳細は、
「日本サッカー協会」ホームページをご覧下さい。
http://www.jfa.jp/match/takamado_jfa_u15_2018/regional/kansai/