ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • スポーツオーソリティ

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

リリース日:~

一つ前のニュース

2018.4.29[ユース]

≪ユース≫ 「2018 プレミアリーグ 4」vsセレッソ大阪ユース 試合結果

一つ後のニュース

2018年4月29日(日) 11:00キックオフ

会場:舞洲グラウンド

ガンバ大阪ユース 1-5 セレッソ大阪ユース
[前半0-3/後半1-2]

【得点(ガンバY)】
塚元

【先発メンバー】
 GK 王
 DF 岡治、河井、大石、久保(賢)
 MF 奥野、岩本、足立、丹羽、國分
 FW 原田

【交代】國分→塚元、原田→大谷、丹羽→川﨑、久保(賢)→奥田、足立→長尾

大阪ダービー!両チームにとって負けられない戦いだ。この伝統の一戦を制するのは、果たしてガンバユースか。意地とプライドが激突する。
1stチャンスは3分奥野のインターセプトからシュート。立ち上がりからセレッソが圧力をかけてくるということはゲームプランとして予想していた。しかし、12分CKから失点する。ガンバユースも國分のミドルシュートや岩本のクロスから岡治がヘディングシュート。チャンスを作るが得点を奪えない。セレッソの球際の強さ、反応の速さ、競合いの強さが目立つ。38分.42分と追加点を奪われ0-3で折り返す。
後半に入り、塚元、大谷、川﨑と前線の選手を送り込む。65分ドリブル突破をされ、4失点を喫する。しかし、最後まで諦めないガンバユース。78分岡治のクロスに塚元のヘディングシュートで1点を奪う。その後、良い連携からチャンスを作るが、得点を奪う事ができない。試合終了間際失点し、1-5で敗戦した。



『高円宮杯JFA U-18サッカーリーグ2018 プレミアリーグ』についての詳細は、
「日本サッカー協会」ホームページをご覧下さい。
http://www.jfa.jp/match/takamado_jfa_u18_premier2018/