ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • スポーツオーソリティ

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

リリース日:~

一つ前のニュース

2018.5.4[ジュニアユース]

≪ジュニアユース≫ JFA 第22回全日本U‐15サッカー大会 試合結果

一つ後のニュース

JFA 第22回全日本U‐15サッカー大会

開催日:2018年5月3日(木・祝)、4日(金・祝)、5日(土・祝)

会場:J-GREEN堺

【グループリーグC】
ガンバ大阪ジュニアユース(関西地域第1代表)
大宮アルディージャユース(関東地域代表)
サガン鳥栖U‐15(九州地域代表)
サンフレッチェ広島F.Cジュニアユース(中国地域代表)

【1次ラウンド】
5月4日(金・祝) 9:45キックオフ (S16グラウンド)

ガンバ大阪ジュニアユース1ー2サガン鳥栖U-15
[前半1ー2 後半0ー0]

【先発メンバー】
 GK 森脇
 DF 脇山、土井、小林、野中
 MF 髙橋、三木、平川、浅野
 FW 佐野、中村

【得点者】平川

【交代】髙橋→溝口 佐野→南野 

勝てば文句なしに決勝ラウンド進出が決まるグループリーグ3戦目。迎える相手はサガン鳥栖。開始早々からガンバ大阪が相手ゴールを脅かす。すると6分左サイドから右サイドの髙橋を経由し、タイミングよく駆け上がってきた脇山へ。脇山が鋭いクロスをゴール前に送り込むと、平川がうまくゴールに流し込み先制点をあげる。
しかし、相手のスピードを生かした攻撃に15分、セットプレーから23分と立て続けに失点を許してしまう。
後半に入り同点、逆転を目指し攻めるガンバ大阪。しかし、相手の堅い守備に最後までゴールを奪うことができず試合終了。
春の全国優勝は果たせなかった。
この悔しさを忘れずに夏の全国制覇を目指す。

『第22回全日本U‐15サッカー大会』についての詳細は、
「日本サッカー協会」ホームページをご覧下さい。
http://www.jfa.jp/match/jfa_u15_tournament_2018/