ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • スポーツオーソリティ

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

リリース日:~

一つ前のニュース

2018.5.20[ジュニアユース]

≪ジュニアユース≫「サンライズリーグ 10」vsセレッソ大阪西 試合結果

一つ後のニュース

2018年5月20日(日)12:15キックオフ
会場:Jグリーン堺S6

【9節までの成績/順位】
3位 ガンバ大阪 勝点17 5勝2敗2分 得点15 失点9 得失点+6

ガンバ大阪ジュニアユース4ー1セレッソ大阪西
[前半1ー1 後半3ー0」

【先発メンバー】
 GK 森脇
 DF 脇山、土井、平川、鈴木(章)
 MF 中村、三木、大西、浅野
 FW 溝口、宮路

【得点者】土井 溝口 宮路 脇山

【交代】宮路→鈴木(大) 溝口→南野
土井→小林 脇山→小池 鈴木(章)→西村

リーグ中断前の、大事な一戦。
迎える相手は、現在首位のセレッソ大阪西。

開始早々からリズムを掴んだのはガンバ大阪。右サイドの中村を中心に相手ゴールを脅かす。
しかし、前半22分鋭いCKから見事に頭で合わせられ得点を奪われる。
このまま1点ビハインドで後半を迎えるかと思われた40分。
セットプレーから混戦となり、最後は土井が押し込み同点ゴールをあげる。
後半に入っても優位にボールを保持したのはガンバ大阪。
すると、後半5分に右サイドを脇山が駆け上がりゴール前に折り返す。飛び込んだ溝口が技ありのワンタッチゴールで逆転する。
手を緩めないガンバ大阪は、怪我から復帰した宮路が最終ラインを抜け出し左足一閃。
ゴール右隅に突き刺し追加点。さらには、何度も右サイドを駆け上がる脇山が自らの個人技でゴール前に迫り、左足で冷静に流し込みチーム4点目となるゴールをあげる。
終盤何度か相手の抜け出しから決定機を作られるも、土井、平川が相手の攻撃を跳ね返し得点を許さず試合終了。
勝ち点3を積み上げた。

『高円宮杯 JFA 第30回全日本U‐15サッカー選手権大会』についての詳細は、
「日本サッカー協会」ホームページをご覧下さい。
http://www.jfa.jp/match/takamado_jfa_u15_2018/regional/kansai/