ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • スポーツオーソリティ

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2018.4.15[チーム]

Powered by GAMBAplus

2018.4.15(日) 14:00~ 明治安田生命J3リーグ 第7節 △1-1 長野@吹田S
[レビュー]前節の悔しさを胸に守備陣が奮闘。若きガンバが長野と勝ち点1を分け合う

一つ後のニュース

前節、富山に喫した完敗からの出直しを図ったガンバ大阪U-23。「サポーターの声援もあるし、いいイメージしかない」と野田が話すように今季ホームでは3戦全勝。上位追撃に向けての仕切り直しとなる長野戦で、選手たちは課題だった序盤の入りにスムーズさを見せていた。
「立ち上がりから相手のゴールに迫るシーンも多くて、狙いとする立ち上がりだった」(宮本監督)。前節に出た課題を確実に消化して来たのが今季のガンバ大阪U-23だ。前節はアクションが少なく、富山の堅守を崩しきれなかったが、やはりブロックを作る長野の堅守に対して、若きガンバが能動的にボールを保持。12分には前日の長崎戦でサブメンバー入りした芝本の絶妙なヒールパスを一美がフィニッシュ。16分にも縦パスをシンプルにダイレクトでつなぎ、矢島が強烈な枠内シュートを放つなど確実に長野ゴールに迫りつつある流れだった。

「ノッキングしたり、いい攻撃が出来ていない時にどれだけ相手の守りに対応出来るか」とリスクマネージメントの必要性を強調していた宮本監督だったが23分、長野に許した最初の決定機で失点し、追う展開を強いられる。しかし、「昨年までのチームとは違って確実に成長している」とガンバで一時代を築いた明神も認めるように、若きガンバがすかさず点を取り返す。
36分、右サイドで松田がサイドチェンジすると左で受けた山口が井出にパス。「オーバーエイジで出場しているからにはしっかり結果を残さなければ行けないと思っていた」と責任感を口にした井出の一撃で試合を振り出しに戻したガンバ大阪U-23だったが、後半は守備陣の踏ん張りが問われる時間帯が続いていく。
J1やJ2の経験がある選手が揃う長野の最終ラインはJ3屈指の堅守を誇るが、後半から戦線復帰した妹尾を投入。個の力でこじ開けにかかるものの「ミスが多くてなかなか前線にボールが来ない」(一美)展開に。

2試合続けて引き分けに終わっている長野も勝ちきりに向けて終盤、FW3人を連続投入する。互いに勝ち点3を目指す展開でスペースが生まれるものの「カウンターのチャンスでつなぎのミスが多かった」と高は悔しげに振り返ったが、自らのミスで招いたピンチに野田や林らが懸命に体を張り、追加点を許さない。
「ホームでは全部勝ちにいこう、と試合をしているので、そういった意味では、結果に対しての不満は残る」(宮本監督)とドローへの悔しさを口にした指揮官だが、守備陣の踏ん張りで若きガンバは半歩前進。混戦模様のJ3だけに、この勝ち点1が持つ意味は決して小さくはないはずだ。