ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • スポーツオーソリティ

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2018.5.15[チーム]

Powered by GAMBAplus

2018.5.16(水) 19:00~ JリーグYBCルヴァンカップ 第6節 ●1-4 名古屋@吹田S
[プレビュー]米倉・初瀬が語るルヴァンカップGS第6節 vs 名古屋 ― 目指すのは勝利のみ。名古屋に勝ってプレーオフステージ進出へ

一つ後のニュース

前節、2点のビハインドを跳ね返して手にした勝ち点3がガンバをプレーオフステージ進出に近づけた。
引き分けでもグループステージ突破の可能性がある有利な状況だがレヴィー クルピ監督は「現状のベストで勝ちに行く」と力強く言い切った。
「ルヴァンカップでの優勝は目標の一つ。そして可能な目標でもある」とガンバでの初戴冠に向けての意欲を口にした指揮官だが、選手たちの思いも共通だ。
「去年の負けの悔しさは今でも残っている」と話すのは今季、得点ランクトップを走る長沢である。今節迎え撃つ名古屋にはアウェイで4対1で圧勝しているが、その原動力が4ゴールの暴れっぷりを見せた長沢だった。

既に敗退が決まっている名古屋は完全ターンオーバーで挑んでくる可能性もあるが、相手の状態に関わらずガンバが目指すのは勝ち点3の奪取のみである。
名古屋戦で気をつけたいのはやはり試合の入りとなる。名古屋は前節、特別指定選手の大学生、榎本がキレのあるドリブルで浦和を手こずらせたが、やはり不用意な失点は禁物だ。
「受け身になるとしんどくなる。先手を取れるようアグレッシブに戦いたい」(長沢)。勝ってプレーオフステージ進出をつかみとる。

DF14 米倉恒貴「リーグ戦でガンバは厳しい順位にいますが、週末の浦和戦に向けて弾みをつけるためにも次のルヴァンカップでしっかりと勝ちきることだけを意識したいですね。前節の広島戦は若い選手が踏ん張って逆転勝ちしてくれただけに、あの試合を無駄にしないためにも次の名古屋戦は絶対に落とせません。広島戦でも前半と後半の戦いで波がありましたが、今の課題は後半見せたような戦いを最初から見せることです。コンスタントに自分たちのサッカーをやれるようにしたいと思っています。名古屋はもう敗退が決まっていますが、勝ちだけを意識してプレーしたいですね。」

DF6 初瀬亮「過密日程もいよいよ終盤ですし、残りの2試合をホームで戦えるのでまず名古屋相手に勝ちきってプレーオフステージに行けるように戦うつもりです。負けてしまうと逆に難しい状況になってしまいますから、まず失点しないことを意識して試合に入りたい。名古屋の顔ぶれは関係ないと思いますし、僕らは自分たちのやるべきサッカーを表現するだけです。前節の広島戦も2点取られてひっくり返しましたが、同じような展開にならないよう、守備意識を高めて試合に入りたいですね。僕にとってはアピールの場でもありますし、結果にこだわって戦います。」