ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • スポーツオーソリティ

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2018.6.10[チーム]

Powered by GAMBAplus

2018.6.10(日) 16:00~ 明治安田生命J3リーグ 第13節 △1-1 福島@万博
[レビュー]福島の堅守に手こずるも、見せた狙い。土壇場に若きガンバが意地を見せる

一つ後のニュース

2試合連続で勝利から遠ざかっているガンバ大阪U-23。勝てば順位が入れ替わる福島をホームで迎え撃った若きガンバは、「今週はサイド攻撃を徹底して練習した」と山口が話す狙いを立ち上がりから披露する。

直近の4試合は失点がなく、自陣に強固なブロックを形成するのが好調、福島のスタイルだ。
前半、ほぼ一方的にペースを握ったガンバ大阪U-23。右サイドは「僕を走らせる狙いは野田とも話していた」と話す森の効果的なランで、左サイドは泉澤と山口のコンビネーションでそれぞれ主導権を握り、サイドからの仕掛けを徹底。福島のカウンターを恐れることなく、最終ラインも高い位置どりを保ち、福島を自陣に釘付けにする。
「攻め疲れというかちょっと後半は運動量が落ちたので、前半のああいう時間帯に1点取っておきたかった」と森は悔やんだが、押し込み続けた前半に打った枠内シュートは19分の髙木の一本のみ。たられば、は勝負に禁物ではあるが、宮本監督の狙いをピッチで体現していた前半に先手を取りきれなかったことが、後半の苦しい展開を招いてしまう。
サイドを効果的に使いながらも、後半からは「もう少し3人目が絡むとか、ゴール前の迫力や裏への飛び出しをハーフタイムに強調した」(宮本監督)。泉澤が際どいシュートを放ってCKを得るなど、福島の堅守をこじ開けにかかった若きガンバだったが、74分、警戒していた福島のカウンターから先制点を献上する。
この日、福島に初めて許した枠内シュートが失点につながり、追う展開を強いられたガンバ大阪U-23。宮本監督も妹尾や中村を新たに投入し、攻撃の活性化を図るものの、徹底して守りぬく福島の堅い守りをこじ開けきれずに、逆に後半終了間際にはこの日2本目の枠内シュートで、2度目の決定機を作られた。
しかし、谷が好セーブを見せて、辛うじてガンバ大阪U-23が踏みとどまると若き守護神の奮闘に一美が応えた。

完全に逃げ切り体制に入っていた福島に対して、アディショナルタイム、一美が自ら中央に切れ込んで強シュート。和製エースの気迫の一撃がPKを誘うと、一美が自ら豪快に蹴り込んでまさしく土壇場でドローに。
3試合ぶりの勝利を手にすることはできなかったが、「相手のカウンターを受けても谷がしっかりと止めて、失点を防いだことで1対1のゲームになった」と宮本監督はチームの粘りをこう口にした。
2試合連続、先手を取られながらもしぶとく勝ち点1を積み上げている若きガンバ。この勝ち点1は次につながるはずだ。