ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • スポーツオーソリティ

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2018.9.13[チーム]

Powered by GAMBAplus

2018.9.15(土) 19:00~ 明治安田生命J1リーグ 第26節 ○2-1 神戸@ノエスタ
[プレビュー]遠藤・渡邉が語るJ1第26節 vs 神戸 ― 宮本体制初の連勝へ。万全のガンバで神戸に力を見せつけたい

一つ後のニュース

ルヴァンカップで敗退したことで「残留争いに気持ちを切り替えるしかない」(倉田)状況のガンバだが、チームには追い風も吹き始めている。
前節、川崎相手に完封勝利を飾っただけでなく、渡邉も移籍後初の決勝ゴールをゲット。鉄人、今野が戦線復帰しただけでなく、今節からはアジア大会で絶好調だったファンも出場が可能という状況だ。

「川崎戦でやれたことを更に高めて神戸戦で出したい」(倉田)。前線から全員が連動し、ハードワークした川崎戦の守備意識は当然保つべきチームのベースだが、残されたリーグ戦で鍵となるのはいかに攻撃で本来のガンバらしさを取り戻すかである。
「(ファン)ウィジョが戻ってきたことでカウンターにも迫力が出るし、(渡邉)千真とウィジョはお互いに生かしあえるはず」(宮本監督)。タメを生み出せる渡邉とアジア大会でも得点王に輝いたシュート力を保つファンが生み出す化学反応がガンバの巻き返しに不可欠。古巣相手に燃える渡邉は自身のゴールだけでなく、周囲を生かす存在としても神戸戦のキーマンになりそうだ。

公式戦3連敗中の神戸はポドルスキと渡部が出場停止でイニエスタも出場が不透明。しかしガンバの特長を知る長沢も前線には控えるだけに、やはり侮れない相手である。
勝てば一気に弾みがつく神戸戦。ガンバの力を見せつけたい。

MF7 遠藤保仁「神戸の良さをどう抑えるのかもチームの皆で共有したいですし、川崎のような攻撃力がある相手にでも全員が連動してしっかりとハードワークすれば、無失点で抑えられる手応えを得ました。神戸戦で、しっかりと連勝して上のチームとの勝ち点差を縮めるつもりですし、リーグ戦も残り少なくなってきましたから、できるだけ早く勝ち点を稼がないといけません。前節はCKから2点取れましたが、(渡邉)千真もヘディングが強いですし、ピンポイントのボールを蹴ることができればどんな相手からも点が取れるので、次もいいボールを蹴るつもりです。」

FW39 渡邉千真「前節は川崎に勝てましたが、でも今のガンバのチーム状態を考えると一つ勝っただけで満足していてはダメです。これから先、順位を上げていくためにはしっかりと勝って、勝ち点を取り続けていく必要があります。次の神戸戦で連勝してもっと勝ち点を積み上げたいですね。ウィジョとはまだ試合で一緒にプレーしていませんが、彼とどういう形でプレーするかというイメージも頭の中では出来ています。あまり練習で合わせる時間がない中でもしっかりと連携を深めたいですし、いいコミュニケーションを図りながら合わせていくつもりです。」