ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2019.5.16[チーム]

Powered by GAMBAplus

2019.5.18(土) 19:00~ 明治安田生命J1リーグ 第12節 ○1-0 C大阪@パナスタ
[プレビュー]アデミウソン・菅沼が語るJ1第12節 vs C大阪 ― 勝利の凱歌を響かせる時が来た。大阪ダービーでガンバの意地を見せつける

一つ後のニュース

ガンバの苦しい戦いが続いている。前節は最下位の鳥栖に敗れ、リーグ戦では7試合勝利がない状況だが、「勝てば流れが変わる」(三浦)のがC大阪との一戦だ。
「ダービーは燃えるモノが違う」と話すのは現役時代、自らも大阪ダービーのピッチに立ってきた宮本監督である。ガンバに関わる全ての人間にとって、「大阪の盟主」の座を賭けたC大阪戦の重みは言うまでもない。

今季まだホームで勝利がないガンバだが、C大阪相手に意識するのは勝ち点3の奪取のみ。守備の軸であるヨングォンが今節は出場停止だが、昨年10月のダービーもウィジョの出場停止を乗り越えて勝利した記憶が選手たちには残っている。2連勝中のC大阪は前線の軸だった都倉が負傷離脱。しかし、清武や好調の水沼ら警戒すべきアタッカーが揃っているだけに、まず不用意な失点だけは避けたいところだ。
そして勝ち切る上では、やや当たりが止まっている前線の奮起が不可欠になる。ウィジョとアデミウソンはダービーでこれまでも輝いてきたが「去年の10月のように次も点を獲る」とアデミウソンも気合十分。選手はもちろん、サポーターもホームで勝ち切るガンバに飢えている。
「俺たちが大阪さ」。今度こそ、パナソニックスタジアム吹田に勝利の凱歌を響かせる。


FW9 アデミウソン「大阪ダービーで考えるのは勝利のみです。毎試合勝つことだけを考えてピッチに立っていますが、今のチーム状況を考えればとにかく、未だホームで手にしていない勝利をダービーで手にしたい。僕らにとっても非常に重要な試合だということはよくわかっています。今のC大阪は手強いし、僕たちとの試合ではいつもいい戦いを見せてくるので、侮れない相手です。僕にとって大阪ダービーを戦えるのは大きな喜びですし、サポーターも毎試合多くの方が足を運んでくれる一戦です。サポーターのためにも勝利を手にして、彼らとともに喜びを分かち合いたいですね。」

DF13 菅沼駿哉「ダービーで勝てば今のチームを取り巻く流れも変わると思っていますし、順位を上げていくきっかけになる試合です。とにかく勝利だけに集中してプレーしたいですね。アカデミー時代から大阪ダービーの意味はわかっていますし、僕にとっても、自ずと気持ちが高まる一戦です。とにかく、90分を通じて勝ちきることが大事ですし、ホームで戦えるダービーなので前半から思い切ってプレーするつもりです。サポーターががっかりする姿は僕たちも見たくないし、今季はまだホームでサポーターと喜びを分かち合えていませんから、しっかりと勝利するつもりです。」