ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬株式会社
  • umbro
  • SHIP HEALTHCARE
  • 大建工業株式会社
  • TOYO TIRES
  • セブン-イレブン
  • 大阪国際大学
  • スポーツオーソリティ
  • 追手門学院大学
  • 朝日新聞

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2017.6.18[チーム]

Powered by GAMBAplus

[レビュー]勝ち点3への執念。現実主義に徹したガンバが神戸に完勝

一つ後のニュース

スコアだけを見れば、1対0の最少得点差での勝利。しかし、前節磐田に0対3で敗れた反省は、アウェイの神戸戦で確実に生かされていた。
「序盤から神戸に少し押し込まれる展開で、なかなか中盤のところでタメが出来なかった」と長谷川監督は渡邊と田中順の2トップにロングボールを蹴り込んで来る神戸の攻撃を振り返ったが、ファビオと三浦が鉄壁の守りを見せ、付け入る隙を与えない。
2週間ぶりのインターバルを挟んでの一戦に加えて、過密日程で挑む今野や倉田ら日本代表組のコンディションを考えれば、試合の入りで慎重な戦いを見せるのはやむを得ないこと。まして、敵将はガンバの良さを消すことに長けたネルシーニョ監督とあって、ガンバもまた、リスクマネージメントを念頭に置いた攻撃で、神戸の堅守をこじ開けにかかった。

21分には遠藤の縦パスを受けたパトリックが単独で突破。この日最初のビッグチャンスを作り出す。「出来れば最初から主導権を握りたかったけど、磐田戦で不甲斐ない試合をしたので、前半は我慢しながらと感じていた」とチームの総意を口にしたのは遠藤だ。
首位追撃に向けて負けられないガンバ同様、神戸も負けられない一戦。「負けられない」という慎重な戦いを見せた前半の両者だったが、ガンバが勝利に向けて最初のカードを切った。
全治8か月の重傷を乗り越えて今季初めてトップの試合に出場したパトリックに代えて52分に長沢を投入。一方の神戸も、前線にテコ入れを図るものの長谷川監督の采配が、神戸を上回る。

渡邊と田中の両ターゲットを欠いた神戸が徐々にボールの収めどころを失うのとは対照的に、ガンバは後半から2トップの一角に配置していた堂安がタメを作り出す。
「これから暑い時期になると先制点の有無が非常に大事になる」(遠藤)。堅い守りを見せた最終ラインの踏ん張りが70分の決勝点をもたらした。東口のフィードを起点に、前線でボールを受けたのは前日に19歳の誕生日を迎えた堂安だ。「無理をして前を向けばチャンスになると思っていた」(堂安)。ファウルすれすれの厳しいチャージにも動じることなく、ボールを保持した堂安のプレーを機に、倉田が絶妙のラストパス。クロスには抜群の強さを見せる長沢が貴重なヘディングシュートを叩き込み、均衡を破った。

シュート数9本を放ったガンバだが、枠内シュートは長沢の決勝弾の場面のみだ。「今季は苦しい試合でのFWの得点が少ないのは間違いない。FW陣の奮起が欲しい」と指揮官が目論んだ通りの展開で神戸に勝ち切ったガンバ。派手さはなかったが勝ち点3への執念で、神戸に地力の差を見せつけた。