• Panasonic
  • ロート製薬株式会社
  • umbro
  • SHIP HEALTHCARE
  • 大建工業株式会社
  • TOYO TIRES
  • セブン-イレブン
  • 大阪国際大学
  • スポーツオーソリティ
  • 追手門学院大学
  • 朝日新聞

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2017.9.14[チーム]

Powered by GAMBAplus

2017.9.16(土) 18:00~ 明治安田生命J1リーグ 第26節 △2-2 大宮@熊谷陸
[プレビュー]泉澤・倉田が語るJ1第26節 vs 大宮 ―一戦必勝。前節の悔しさをアウェイの大宮戦にぶつけたい

一つ後のニュース

前節、神戸に痛恨の一敗を喫したガンバ。今チームがなすべきことは、目の前の戦いだけに集中することだ。
首位との勝ち点差は16に開いたが、シーズン終盤に向けてはルヴァンカップや天皇杯の戦いも待つガンバ。大宮戦を皮切りに、天皇杯ラウンド16や鹿島戦が待つだけに、自分たちのサッカーを取り戻したい。

連戦に向けて長谷川監督も「コンディションのいい選手や練習等で結果を出している選手を起用する」とチームの総力戦で挑むことを明言するが、中でも大宮戦で期待がかかるのは古巣相手に意気込む泉澤である。
前節の神戸戦でも途中出場で攻撃を活性化し、チームに勢いをもたらした背番号39は今、抜群のキレを保っている。
ドリブルの打開力と一発を持つ泉澤はホームで6対0と大勝した大宮戦でも移籍後初ゴールをゲット。「目に見える結果を出したい」(泉澤)と古巣相手にモチベーションを高めている。
17位の大宮は現在残留争いの渦中にあるが、前節は首位鹿島に接戦を演じ0対1で惜敗。ACLで対戦した済州ユナイテッドから獲得したマルセロ・トスカーノや左利きのマテウスらブラジル人アタッカーの個はやはり侮れない。
「気持ちで負けると難しい試合になる」(倉田)。勝って連戦に弾みをつけたい大宮戦だ。

MF39 泉澤仁「古巣との試合ですが、特別な気持ちは特にありません。僕にとっても、一試合一試合を大事に戦って行くだけなので、大宮との対戦をあまり意識しないようにはしたいとは思っています。ただ、大宮はプロで最初にプレーしたクラブだし、相手サポーターの方にもいいところを見せられたらとは思っています。これからの試合は一試合ごとが、自分にとってのアピールの場でもありますし、大宮戦のピッチに立つことが出来たらやはり、得点とかアシストのように目に見える結果を出すつもりです。チームの勝利に貢献したいという気持ちも非常に強いです。」

MF10 倉田秋「神戸戦から1週間インターバルが空きますし、もう気持ちの切り替えは出来ています。前節は不甲斐ない試合をしてしまったので、同じことは繰り返したくありません。修正面はやはり、球際とか運動量など神戸にちょっとした部分を上回られていましたので、戦術やフォーメーションの問題というよりは細かい部分を僕らが最後までしっかりとやれるかどうかだと思います。大宮は僕らがホームで勝った時と違って、激しく戦って来ると思います。今は残留に向けて必死に来るでしょうし、気持ちを入れて戦わないと難しい試合になると思っています。」