ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • スポーツオーソリティ

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2018.6.9[チーム]

Powered by GAMBAplus

2018.6.10(日) 16:00~ 明治安田生命J3リーグ 第13節 △1-1 福島@万博
[プレビュー]若きガンバがホームで仕切り直し。堅守の福島をこじ開けたい

一つ後のニュース

「同世代には特に負けたくない」と選手の誰もが意気込んでいた同じU-23年代の相手に1分1敗。2試合足踏みが続いているガンバ大阪U-23だが、混戦模様のJ3で暫定ながら6位につけている。
ホームでの仕切り直しとなる一戦で迎え撃つのは暫定で4位につける福島だ。
やはり暫定ではあるものの、若きガンバが奪っている総得点は首位の鹿児島と並んでリーグ最多タイ。宮本監督のコンセプトが浸透しつつあるチームは確かな道を歩んでいることに間違いはないが、勝ちから遠ざかった2試合でもう一度確認したのがチームの原点だ。

「球際で負けていた場面もあったし、もっと本来の切り替えの速さを出さないとダメ。福島戦ではそこを出したい」と話すのはボランチの高だ。
ボールを能動的に動かすガンバのスタイルを保ちながらも、宮本監督が求めてきたのは戦う姿勢。3試合ぶりの勝利を目指す福島戦は、直近の2試合で得た課題を確認する格好の相手である。
福島はここ5試合負け知らずで、直近の4試合はいずれも無失点。田坂監督率いる福島はリーグで2番目に少ない失点数を誇っている。「それほど得点は取れていないが、守備が固い。そういう相手をどうこじ開けるか」と宮本監督が言うように、3試合ぶりの勝利の鍵はやはり一美ら攻撃陣の奮起にかかっている。

足元の技術に長けたU−23勢とは異なり、泥臭く、そしてタフに戦ってくるJ3勢。「前節のダービーでは切り替えの速さとかやるべきことはやれていた」と高は手応えを口にするが、ハードワークをベースに攻守が一体なって戦ってくる福島に、運動量や球際の激しさで遅れをとるのは禁物だ。
2試合勝利から遠ざかっているものの、攻撃陣は形を作れているガンバ大阪U-23。エースの一美も「前節は僕が決定機を決めなかったことで試合の流れが変わってしまった。次こそは決める」と気合十分。チーム戦術を落とし込みながら、個々の技術指導にも取り組んでいる宮本監督の指導はチーム全体のシュート意識の高さにも現れている。
ユース時代はワンタッチゴーラーだった白井はここ3試合で2得点。いずれも技ありのミドルシュートを決めているが、福島の堅い守りをこじ開ける上でシュート精度は不可欠になる。
リーグで3番目に少ない得点数ながら暫定4位につける試合巧者、福島。「勝てば、僕らが順位で上回れる」と高は必勝を誓うが、勝って上位戦線に名乗りを上げたい重要な一戦だ。