ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • スポーツオーソリティ

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2018.8.2[チーム]

Powered by GAMBAplus

2018.8.1(水) 19:00~ 明治安田生命J1リーグ 第19節 △1-1 磐田@ヤマハ
[レビュー]宮本体制初勝利ならず。土壇場で痛恨の同点ゴール喫する

一つ後のニュース

「いい内容で満足していたらダメ。今は勝ち点3が必要」と倉田が話した通り、16位からの浮上に向けて勝ち点3を目指したガンバ。「今は失点が多いのでそこを減らす」という指揮官の狙いは、磐田戦のスタメンに如実に表れていた。
「彼らも試合に飢えている」(宮本監督)。鹿島戦から中3日の連戦だけに、遠藤やアデミウソンをサブに温存。ロングボールを持ち味にする磐田の強みを消すべく、セカンドボールの回収能力に長けた髙江と高の若きボランチコンビをピッチに送り出したガンバは「先に点を取られないことが大事」(三浦)というリスクマネージメントを考えた戦い方を選択する。
もっとも29分にはファンのパスを受けた長沢が決定機を作り出すなど固い守りから、攻撃の機会をうかがったガンバ。前半はスコアレスに終わったが、宮本監督にとっては「0対0で折り返すのはプラン通り」。

勝ちきりに向けて、後半から遠藤を投入すると、流れはガンバに傾いていく。遠藤が中盤の底で巧みな裁きを見せると、藤本がパスだけでなく、51分には自らフィニッシュ。やはり、遠藤が中盤に加わるとサイド主体だった攻撃が一気に多彩さを増していく。
64分にはもう一つの切り札、アデミウソンを投入し、より攻撃へのギアを上げていくガンバだったが、73分には遠藤とのパス交換から藤本がファンに絶妙の縦パスを供給。今季、磐田には3戦5発と絶好調のファンが豪快に右足を振り抜くも先制点にはつながらない。
アデミウソンの起用で縦への推進力が増したガンバは、80分に抜け出せばGKと1対1というビッグチャンスでアデミウソンが倒されFKを得ると、藤本が蹴ったボールのクリアミスをファンが冷静に叩き込み、82分に先制点をゲットする。
残り時間はわずかだが、宮本体制の初勝利に向けて、決して受け身になったわけではなく、固い守りからのカウンターを伺うガンバは84分、米倉を投入。88分にはサイドを崩され、決定的なシュートを放たれるものの東口がスーパーセーブ。アディショナルタイムにも磐田の猛攻を東口がストップし、勝ち点3が見えかけていたが、アディショナルタイムの3分目にクロスの折り返しから痛恨の同点ゴールを献上。土壇場で勝ち点3を逃がす格好となった。

「チームとしての試合の終わらせ方が大事」と東口は悔やんだが、磐田相手に得た教訓は試合終盤の試合の運び方。中3日で待つ最下位、名古屋との一戦に気持ちを切り替えるだけだ。