ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • スポーツオーソリティ

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2018.8.5[チーム]

2018明治安田J1 第20節 ●2-3名古屋@豊田ス

一つ後のニュース

宮本体制となって2戦2分と、未だ勝ちが無い中迎えた第20節。
相手は今シーズン開幕戦で黒星を喫した名古屋だけに、そのリベンジを果たし勝ち点3を持ち帰りたい試合となった。

試合は立ち上がりから藤本、遠藤が前線へスルーパスを送りチャンスを演出すると、倉田ら2列目も積極的なプレスを掛けるハードワークを見せる。
3分には藤本がシュートを放つなどガンバペースの立ち上がりに。
しかしその後、立て続けに名古屋にシュートを許す。
22分には藤本がペナルティエリア内で倒されPK得ると、アデミウソンが右隅に押し込み先制点を挙げる。
すると37分には、遠藤のスルーパスからジェソクが左サイド深部に侵入し、中央へ折り返すと、最後は藤本が押し込み追加点!
2-0で試合を折り返す。
しかし後半は一転。
59分にジョーをペナルティエリア内で倒してしまいPKを与えると、ジョーが自らゴールに沈め失点。1点差に迫られると、64分には倉田に代え、先日チームに合流したばかりの小野瀬を投入し、流れを変えに行く。
71分にはその小野瀬が左サイド深部からクロスを上げ、三浦が頭で合わせるもクロスバーの上。72分には藤本に代え、井出を投入して迎えた80分。
名古屋左サイド深部からの折り返しを押し込まれ同点に追いつかれると、84分にはクロスボールのこぼれ球を押し込まれ逆転を許す。
6分のアディショナルタイムには長沢をターゲットにロングボールを再三入れるものの、ゴールに繋がらず2-3で試合終了。悔しい逆転負けとなった。