ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • スポーツオーソリティ

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2018.11.1[チーム]

Powered by GAMBAplus

2018.11.3(土 祝) 16:00~ 明治安田生命J1リーグ 第31節 ○3-1 浦和@埼玉
[プレビュー]遠藤・小野瀬が語るJ1第31節 vs 浦和 ― 宿敵相手に目指す7連勝。今のガンバは上だけを見続ける

一つ後のニュース

横浜FMに劇的な逆転勝ちを飾り、6連勝を勝ち取ったガンバ。勝ち点を39に伸ばし、いよいよ目標としていたJ1残留が近づきつつあるが指揮官と選手に緩みはない。
「当面の目標は残留をまず決めること。ただ、まだまだ上を目指したい」と遠藤は力強く言い切った。
残留を確定させるのが最優先だが、残されたリーグ戦は来季以降、強いガンバを再構築するための大事な戦いでもあることをチームは自覚している。

過去、タイトルをめぐって幾多の名勝負を繰り広げてきた浦和との一戦は、今のガンバの強さを見せつける格好の舞台になるはずだ。現在暫定6位の浦和は直近の5試合負け知らずで、4勝1分け。ガンバ同様、勢いに乗っている相手だけに「前線には怖い選手が揃っている。しっかりとチームで抑えたい」と三浦もチーム得点王の興梠や武藤らとのマッチアップに向けて気合十分だ。
ボールを動かしたい浦和に対して「相手の持ち味を消しながら、自分たちの良さを出す」(遠藤)。出場4試合連続ゴール中のファン ウィジョを中心に、攻撃のバリエーションも増してきた今のガンバを敵地でもぶつけるのみだ。
指揮官として初めて埼玉スタジアムのピッチに立つ宮本監督も「他の試合とは違う雰囲気だと思う」。真っ赤に染まるアウェイの地で7連勝を勝ち取るだけだ。

MF7 遠藤保仁「僕らにとって当面の目標はまず残留です。次の試合で勝つことができれば残留が近づいてきますし、まずはここでしっかりと勝つつもりです。6連勝中の今、チームとしてやれているサッカーを継続したいですし、気候も涼しくなったのでよりコンディションを高めて最高の状態で浦和戦に臨めるようにしたいですね。最近の試合では、徐々にいろんな形から攻撃を出せるようになってきています。浦和も最近は調子がいいですが、相手がどういう戦いをしてこようとしっかりとボールを回しながら戦うつもりです。」

MF50 小野瀬康介「次の浦和戦は僕にとってプロ生活で初めての埼玉スタジアムの試合ですが、アウェイの浦和戦は観客も多いイメージがあるので楽しみです。前節、ようやくガンバに来て初めてのゴールを決めることができましたし、メンタル的にもより落ち着いてプレーが出来ると思っています。ただ、まだまだ、あの1点に満足することなく、残されたリーグ戦の4試合でゴールやアシストを狙いながらピッチに立ちたいですね。ハードワークをするのは当たり前のことですし、それを継続しながら数字でも結果を残してチームに貢献したいと思っています。」