ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • スポーツオーソリティ

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2018.11.3[チーム]

2018明治安田J1 第31節 ○3-1 浦和@埼玉

一つ後のニュース

2週間振りの試合となった今節は、アウェイで浦和レッズと対戦。
ガンバは6連勝、そして浦和も直近5試合で4勝1分けと好調を維持している相手だけに、
取り戻しつつある自信が本物であることを証明するには、格好の相手となった。
先発メンバーは前節負傷交代を余儀なくされた東口がメンバー外になったことを受けて、林がゴールマウスを任され、FWはウィジョとアデミウソンの組み合わせとなった。

試合は序盤から浦和のペースで進み4分、8分とシュートを許す苦しい展開。
しかしガンバも右サイドの小野瀬が前線からの守備とキープ力を活かしCKを得ていく。
16分にはこの日FWでコンビを組んだウィジョとアデミウソンのコンビネーションでカウンターで相手ゴールに迫るなど、徐々に攻撃の形が見えてくる。
しかしその後は再び浦和ペース。
再三与えるCKとFKなどでゴールに迫られるなど耐える時間が続くが、三浦を中心に落ち着いて対応する。
23分には中盤でのミスからボールを失うと、一気にカウンターに転じられピンチを招くがなんとか耐え凌ぐ。
37分にはスローイングから一瞬の隙を突かれ左サイド深くへの侵入を許すと、中央へ折り返したボールを柏木に合わせられシュートを許すが、ここは林がファインセーブでゴールを割らせない。42分にはバイタルエリア中央付近からのガンバのFK。
ファーサイドを狙った遠藤のFKはファビオが頭で合わせるが、ゴールを捉えることが出来ずチャンスを活かしきれない。
しかし44分。バイタルエリア中央付近でボールを拾った小野瀬がミドルレンジで左足を振り抜き先制し、試合を1点リードで折り返す。

両チーム交代なしで迎えた後半は開始早々の49分。
ペナルティエリア付近で長澤にシュートを許し、これを一度は林が防ぐがこぼれ球を興梠に詰められ失点を許す。
しかしその後持ち直し徐々に攻勢を強めていくと、62分。
カウンターから左サイドを素早く駆け上がったウィジョが、ペナルティエリア内右からコントロールを効かせたシュートを放ち貴重な勝ち越し点を奪う!
その直後69分には左サイド藤春からの折り返しに合わせたアデミウソンがダメ押しとなる3点目を奪う!
2点リードと白星へ大きく前進したガンバは75分にはウィジョに代えて渡邉を投入すると、前線でボールを納める渡邉が浦和にペースを渡さない。
83分、89分には中村、一美と若手を続けて投入。最後まで点を奪いに行く姿勢を見せたガンバがアディショナルタイム4分も難なく乗り切り勝利!
これでリーグ戦破竹の7連勝。勝ち点を42に伸ばし暫定9位に浮上した。