ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • スポーツオーソリティ

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2018.11.9[チーム]

Powered by GAMBAplus

2018.11.10(土) 15:00~ 明治安田生命J1リーグ 第32節 ○1-0 湘南@吹田S
[プレビュー]アデミウソン・今野が語るJ1第32節 vs 湘南 ― 8連勝で決めるJ1残留。遠藤のJ1通算600試合を勝利で祝いたい

一つ後のニュース

宿敵浦和を敵地でねじ伏せ、7連勝を飾ったガンバ。目標であるJ1残留に向けて大きく近づいたがチームが目指すのは、更なる高みである。
「どんどん勝って少しでも上に行くだけ」と倉田が話すように、残された3試合でガンバの力を見せつけるのみだ。
ポジション争いは熾烈を極めている。前節は前線の軸である渡邉がベンチスタート。「やっぱり、点を取らないとダメ」とポストプレーに秀でる渡邉が危機感を口にすれば、2試合連続でゴール中の小野瀬の活躍に刺激を受ける倉田も「僕もゴールを狙いたい」と気合十分だ。

常勝軍団としての姿を取り戻しつつあるガンバだが、次節の湘南戦で勝てば自力での残留が決定する。チームを蘇らせた若き指揮官もキッパリと言い切った。「皆でこの流れを作って来たが、ホームで残留を決められるし、サポーターの力も借りて勝ち点3をモノにしたい」
上位陣や好調なチームを次々と打ち破って来たガンバだが、湘南は決して簡単な相手ではない。ルヴァンカップで初優勝を飾った湘南にはアウェイで苦杯を舐めているが、圧倒的な運動量をベースにしたスタイルは要警戒だ。
もっともガンバでは出場5戦連発中のエース、ファンが好調を維持。そしてこの試合がJ1通算600試合となる遠藤の偉業を勝利で飾るのみだ。

FW9 アデミウソン「僕自身はここのところ、コンディションも非常にいいですし、最近はいいプレーが出来ている手応えもあります。浦和戦で勝利に貢献できたのは嬉しいですし、やはり自分でもゴール出来たのはいいことです。この調子を湘南戦でも継続していくだけですね。チームは7連勝中で調子も上がっていますし、チーム全員のモチベーションが高いのも感じています。ただ、ここでガンバの連勝を止めるわけにはいかないですし、まだ残留が完全に決定したわけではないので、決して気をぬくことなく、次の湘南戦でしっかりと勝ちきって、残留を決めたいと思います。」

MF15 今野泰幸「7連勝は出来ていますが、これからも1試合1試合、戦っていくだけですね。残留争いをしているチームの試合は、いずれもかなり激しいですし、今のJリーグはどこのチームに勝つのも難しいのが事実です。そういう気持ちで湘南戦に挑みたい。湘南はアグレッシブなスタイルのチームですが、それに負けないことが大事。ただ、今、ガンバがやれていることを継続するだけですし、僕自身の足の状態も上がって来ているので湘南戦もきっちりとプレーしたいですね。僕自身はまだ残留に向けて気が抜けないという気持ちでいます。」