ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • スポーツオーソリティ

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2018.12.1[チーム]

2018明治安田J1 第34節 ●2-4 柏 @三協F柏

一つ後のニュース

クラブのリーグ戦連勝記録となる10連勝を目指して戦った2018シーズン最終節は、前節で来シーズンJ2での戦いが決定した柏と戦った。
ガンバは今シーズンのチーム最多得点者のウィジョをコンディション不良で欠く中での戦いとなり、FWはアデミウソンと、本試合でJ1通算300試合出場となった渡邉の組み合わせで臨むこととなった。

試合は4分、最終ラインでクリスティアーノにボールを奪取されると右サイドを突破されピンチを招くが、遠藤の身体を張ったディフェンスで難を逃れる。
7分にはアデミウソンが右サイド深くまで切り込んでボールを折り返しチャンスメイクするが、シュートまで至らず活かしきれない。
11分。柏に左サイドへの侵入を許しフェイントからシュートを打たれるがDFに当たりCKになると、柏はショートコーナーを選択。
そのCKから、クロスを上げられ鈴木が頭で合わせ先制され、10連勝に向けて厳しい立ち上がりとなった。
ガンバは今野のボール奪取からの左サイドの藤春・倉田とリズムを作っていく。
20分にはその左サイドで遠藤・今野・倉田のパスワークでリズムを作り前線のアデミウソンに縦パスを入れチャンスを作るが、ゴールには至らないが、迎えた28分。アデミウソンが倉田とのパス交換から右サイドへ流れてクロスを上げると、ファーサイドで渡邉が頭で合わせ同点ゴールを奪う。
その後も左サイドでのパスワークで攻撃を組み立てリズムを作っていくが、なかなか得点に結び付けられないでいると45分。
左サイド深くからの折り返しを瀬川に合わせられ失点。1点ビハインドで前半を終えた。
後半は両チームともに交代無くスタート。
その後半開始早々の47分。左サイドからのCKを一度は東口がパンチングで弾くがこぼれ球を拾われると、ペナルティエリアへの侵入を許しシュートを打たれ失点。痛恨の追加点を入れられ点差は2点に広がる。
さらに64分にはセンターライン付近でボールを失うと、そこからのロングシュートを許し失点。ダメ押しとなる4点目を許す。
ガンバは65分。米倉に代えて藤本を、遠藤に代えて中村を投入すると小野瀬を右サイドバックに変更する。
交代で入った中村が左サイドを果敢に攻め上がりペナルティエリア付近でのプレーが多くなっていくと、77分には渡邉に代えて一美を投入。
直後の79分。右サイドの小野瀬からアデミウソンがパスを受け、ペナルティエリアに侵入しシュートを放ってゴールを割り点差を2点に縮めるが既に万事休す。
試合はそのまま2-4で終了。クラブ記録となる10連勝の達成はならず、来季への課題を残る試合となった。