ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2019.3.13[チーム]

2019YBCルヴァンカップグループステージ第2節 ○2-1松本@パナスタ

一つ後のニュース

ルヴァンカップ第2節はホームで迎える松本戦。
第1節の磐田戦からメンバーを大きく変更し、直近のリーグ・名古屋戦を戦ったメンバーをベースに、ボランチには高、センターバックには菅沼、そして三浦が右サイドバックに配置され、システムも4-2-3-1と変更して臨んだ。
試合は立ち上がりで失点を喫した名古屋戦の反省を活かしたい序盤だったが、6分。ペナルティアーク付近でハンドを取られFKを与えると、そのFKを直接決められ、またしても試合開始早々に失点を許してしまう。
早い時間に同点に追いつきたいガンバは、最終ラインとボランチに入った高を中心にボールを回してポゼッションを高めていくものの、トップ下の遠藤、そして前線のウィジョ、アデミウソンに良い形でボールを渡すことが出来ず攻めあぐねる展開が続く。
しかし31分。中盤での縦パスをカットされるが、再度ボールを奪取すると前線のウィジョへボールが渡る。そのウィジョが小野瀬にパスを通すとそのままニアサイドを打ち抜いて同点ゴールを挙げる。
さらに直後の35分には、アデミウソンが中盤でボールを奪取しドリブルで持ち上がるとウィジョへラストパス。そのボールをウィジョが落ち着いてゴールへ沈め、すかさず逆転。流れはガンバのまま試合は1点リードで折り返す。
両チーム交代無くスタートした後半は得点に動きがないまま15分経過。
先にベンチが動いたのは松本。60分、そして70分に選手交代を行い1点を奪うため攻勢を強める。一方ガンバは交代が無いまま試合を展開。前半よりも前線の選手にボールを当てながら相手陣内に押し込み攻め入っていく。そんな中とどめの3点目を奪いに行きたいところだが、決定機を演出するまでには至らない。
86分にはウィジョに代えて渡邉を投入。89分にはアデミウソンがカウンターでボールを持ち上がると、ゴール前で渡邉へパス。渡邉がシュートを放つがボールはGK正面に行き決定機を物に出来ない。
90分には足を攣った小野瀬に代えて藤本、そして遠藤に代えて今野を投入。
アディショナルタイムの4分間は、ペナルティエリア付近にボールを集まられるも、DF中心に守りきりタイムアップ。
今季ホーム・パナスタでの初勝利を飾った。