ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2019.4.14[チーム]

2019明治安田生命J1第7節 ●0-1浦和@パナスタ

一つ後のニュース

水曜日に行われたルヴァンカップでは、前半に退場者を出しながらも集中した守備で勝ち点1を持ち帰ったガンバ。一方のリーグ戦では直近2試合で7失点と、守備に課題を残していただけに、ルヴァンカップで見せた守備を序盤から披露し粘り強く試合を進めたい一戦となった。その試合のスタメンには、今野がボランチとして出場。リーグ戦では右サイドを務めることが多かった三浦がセンターバックに。右サイドバックにはジェソクが出場した。
試合は、「ボールホルダーへのプレッシャーとそのカバーが大事」との試合前の宮本監督の言葉通り、集中した守りで立ち上がりでの失点を防ぐ。攻撃では今野を中心にインターセプトしたボールを素早く縦に運び、倉田・藤春・アデミウソンの推進力を活かした攻撃に出る。25分頃にはペナルティエリアやや外中央から、ヨングォンが直接ゴールを狙うがボールは惜しくも枠外へ。しかしその後は攻め手に欠き攻撃にリズムがなかなか出ない。41分にはペナルティエリア内でボールを受けたウィジョがフェイントで相手DFを剥しにかかった所を倒されるが、これはファールの判定は無く、無念にもチャンスを逸する。
そして、この日再三果敢にオーバーラップしチャンスを演出していた左サイドバックの藤春が、前半終了間際に相手DFと交錯し倒れた際に負傷し、そのまま交代を余儀なくされ米倉を投入。ジェソクが左サイドにポジションを移し、米倉が右サイドバックの位置に入ったが、両チーム無得点のまま試合を折り返す。
両チーム交代無く始まった後半は53分。CKを今野がゴール前で相手と接触しながらヘディングであわせゴールを狙うが、シュートは相手GKに防がれる。
60分過ぎからは浦和優位に試合が進み自陣でのプレーが増え、再三ゴール前にボールを入れられるものの、ここも三浦を中心とした守備陣がしぶとく対応し跳ね返す。
しかし同時に最前線のウィジョが孤立気味になってしまい、ボールを奪ってもマイボールにし切れず攻撃に転じることが出来ない。73分には右サイドでアデミウソンがドリブルで相手DFを剥し、カットインからシュートを放つが相手DFに当たりわずかに枠を捉えることが出来ず、少ないチャンスを物に出来ない。80分には敵陣深くからのロングカウンターを受け、DFが1枚足らない状況を招くが、ヨングォンがボールホルダーへの身体を張った守備で対応しピンチを脱する。その後81分には今野に代えて髙江。86分には倉田に代えて中村を投入した直後の87分。浦和のCKのこぼれ球をエヴェルトンに蹴りこまれゴールネットを揺らされる。しかしこのゴールは一時オフサイドの旗が揚がりノーゴールかと思われたが、一転。ゴールが認められ後半終了間際に先制を許す。
窮地に立たされたガンバは同点ゴールを奪うためCBの三浦を最前線に上げ攻勢を強めに行く。迎えたラストプレーのCKには、GKの東口もゴール前に上がり同点ゴールを狙いに行くが、攻勢実らず試合終了。
これでリーグ戦3連敗。順位は変わらず15位となった。