ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2019.5.6[チーム]

Powered by GAMBAplus

2019.5.8(水) 19:00~ JリーグYBCルヴァンカップ 第5節 ○3-1 清水@パナスタ
[プレビュー]矢島・三浦が語るルヴァンカップ グループステージ 第5節 vs 清水 ― 勝てばプレーオフステージ進出が決定。目指すのは磐田戦の再現だ

一つ後のニュース

FC東京戦で熱い戦いを見せたガンバが中3日でルヴァンカップの清水戦に挑む。
前節、磐田に勝ち切ったことでグループDの首位に浮上。「ここで勝って、プレーオフステージ進出を決めたい」と高は意気込むが、勝てば最終節を待たずしてガンバのプレーオフステージ進出が決定する。
磐田戦では今季トップ初ゴールを決めた食野亮太郎と黒川らヤングガンバが躍動したが、清水戦も再びチームの総合力が問われる一戦になる。

リーグ戦では16位の清水だが、ルヴァンカップではガンバを勝ち点2差で追う3位。前節はドウグラスを起用したり、日本代表の北川を後半から投入したりと前線には侮れないアタッカーが揃っている。
磐田戦では青山らベテランが要所を締め、食野ら若手がチームに勢いをもたらしたが、清水戦でも問われるのがチームの一体感。パスで攻撃を牽引する矢島も「年齢的にも僕がチームを引っ張りたい」と話せば、磐田戦で移籍後初ゴールを決めた田中も「チームの勝ちだけを意識する」と頼もしい言葉を口にする。
リーグ戦とは対照的にルヴァンカップはホームで2戦2勝。若手からベテランまでが一つになって、プレーオフステージへの切符をもぎ取りに行くだけだ。

MF21 矢島慎也「ルヴァンカップの磐田戦では得点につながるパスを出せましたが、宮本監督からはさらに存在感を出して欲しいと要求されています。ボールを触る回数が増えれば増えるほど、僕の良さも出ると思いますから、清水戦でも積極的にボールを受けて、さばくつもりです。(田中)達也君は裏に抜け出してくれるし、しかもスピードを持っていますから、仮にイーブンなボールを出しても追いつけるし、相手を敵陣に押し込むことも出来ます。FW陣も動き出せる選手が多いので、しっかりといいボールを出すつもりです。磐田戦同様に、僕自身はプレーで引っ張るつもりです。」

DF5 三浦弦太「清水戦では勝てばプレーオフステージ進出が決まるので非常に重要な試合だと自覚しています。僕にとっては古巣との戦いでもあるので負けたくありませんし、前節の磐田戦はホームでしっかりと勝てているのでいい流れを継続したい。ガンバとしてはこの先のリーグ戦にもつながる一戦です。FC東京戦ではサブでしたが、僕個人としてももっとコンディションを上げていきたいと思っています。清水は前線にいい選手がいますが、FWに特徴があるチームなのでしっかりと抑えたい。FC東京戦でチームが見せたアグレッシブな守備を見せたいですね。」