ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2019.5.11[チーム]

2019明治安田生命J1 第11節 ●1-3 鳥栖@駅スタ

一つ後のニュース

J1リーグは第11節。ルヴァンカップでは勝利を収めているものの、リーグ戦では現在6試合勝利から離れているガンバは、監督交代直後の鳥栖とアウェイで対戦。蒸し暑い天候の中、下位同士の対戦とあって難しい試合が予想された。
先発メンバーには今野がスタートから出場し、前節のFC東京戦から若干の変更を施し始まった。
試合は立ち上がりから鳥栖のペース。前線から圧力のあるプレッシングを受けると、ボールを前に進めることが出来ず、クロスボールから再三ピンチを招く。
ボールをクリアすることしかできないガンバは、ゴール前で身体を張り、耐え凌ぐ展開が続く。
攻撃ではなかなかシュートを打てない中、15分にはリスタートからDFラインの背後に抜け出したウィジョがチャンスを作るが、ここもシュートまで至らない。
すると直後の16分。CKを鳥栖・イサック クエンカに頭で押し込まれ先制を許す。
手を緩めない鳥栖を相手に、終始守勢に回ることになったガンバは、31分に決定機が。
ウィジョが左サイドをドリブルで深くえぐって中央へ折り返すと、アデミウソンがゴール前で合わせるがボールは惜しくも枠外へ。同点に追いつくことができないまま試合を折り返す。
後半は、開始からベンチが動く。
遠藤に代えて食野を投入し、攻撃にアクセントをもたらしたかったガンバだったが、前半から落ちない鳥栖の運動量を前に、思うような攻撃が展開できずにいると、50分にはウィジョが、55分にアデミウソンが立て続けにイエローカードを貰い、逆転への雲行きが怪しくなる。
70分にはジェソクに代えて、ルヴァンカップで活躍した黒川がリーグ戦デビュー。攻撃のきっかけをなんとか掴みたかったがその直後。
菅沼がペナルティエリア内で身体を投げ出し、シュートブロックしたところでハンドを取られPKを与えると、それをゴールに沈められ追加点を許し、残り20分を切った中で2点ビハインドの厳しい状況を作ってしまう。
87分にはファーサイドに流れた左サイドの黒川からのクロスボールに小野瀬が合わせ強烈なシュートを放ち、続けて88分にはCKからアデミウソンが相手ゴールを襲うがボールはクロスバーに弾かれゴールを奪えない。そして迎えた90分には、ダメ押しとなる3点目を鳥栖に献上してしまい万事休す。
90分+2には食野にJ1リーグ初となるゴールが生まれたものの、反撃及ばず1-3で完敗。リーグ戦7戦未勝利となった。