ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • スポーツオーソリティ

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2016.2.14[チーム]

2/14(日)「Panasonic Cup」〇3-1名古屋@吹田S

一つ後のニュース

ガンバ大阪を愛する全ての人の力が結集されて完成した新ホームスタジアム。そして、その新ホームスタジアム・こけら落しマッチとして「Panasonic Cup」が開催された。
前座試合として、ガンバ大阪OBによる「山口智・中山悟志引退記念マッチ」も行われ、多くのOBや、スペシャルゲストも参加して、大いに盛り上がった。
そして、いよいよトップチームの試合が行われる。その初戦は、名古屋グランパス。ガンバはSBにユースから昇格したばかりの初瀬が、また新加入のアデミウソン、藤本もスタートから出場。
試合は開始からしばらくどちらもシュートまでいく場面もなかったが、徐々にガンバがボールを持ち、シュートまで持ち込むように。そして26分。左サイドアデミウソンからのクロスに、パトリックが走りこむと、パトリックと競っていたDFがクリアしきれずにオウンゴールで先制点を挙げる。そして36分には、ガンバ右サイドで得たFKを藤本が左足でゴール前に入れると、今野がDFと競りながらもヘディングであわせ、追加点を決める!
後半、両チームとも交代選手はなく始まると、47分にクロスボールをクリアしきれず、押し込まれ名古屋にゴールを許す。その後、少し名古屋にチャンスを作られるが、再びガンバにシュートチャンスが出てくると、66分に、宇佐美がCKを蹴り、走りこんできた丹羽のヘディングシュートが決まる!その後、両チームとも選手交代が多くなるが、得点は動かず3-1で勝利。
新ホームスタジアムを勝利で飾ることが出来た!

試合後、国歌演奏をされました葉加瀬さんの取材が行われました。
葉加瀬さん「なにしろ光栄なことでございました。僕自身、ずっと千里ニュータウン、この辺に近いところで育ちましたので、万博も昔よく行きました。そういう自分の幼い頃に育った街で光栄な演奏をさせていただき、大変嬉しく思っております。」

Q「普段演奏されているホール等とスタジアム、葉加瀬さんの中で何が一番違うと感じましたか」
A「まず、ピッチの上で演奏するということは初めてのことでしたし、野外ですしね。
だいたいいつもは他のバンドメンバーと一緒に演奏するんですが、たった一人でこの4万人の前で演奏することは緊張感のある瞬間でした。でもすごく響いて聞こえてくるのと、みなさんが歌ってくださる声が、気持ちよく感じました。

Q「サッカーを観戦された感想を」
A「今日、ガンバが勝ってよかったです。やっぱりホームでこけら落としで、サポーターの皆さんの熱がゲームをを作っていると思いました。大変嬉しかったです。」