ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬株式会社
  • umbro
  • SHIP HEALTHCARE
  • 大建工業株式会社
  • TOYO TIRES
  • セブン-イレブン
  • 大阪国際大学
  • スポーツオーソリティ
  • 追手門学院大学
  • 朝日新聞

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2017.3.13[チーム]

Powered by GAMBAplus

2017.3.15(水) 19:00~ AFC CHAMPIONS LEAGUE MD3 ●0-1 江蘇蘇寧@吹田S
[プレビュー]ACLグループステージの大一番。江蘇蘇寧戦で目指すのは勝ち点3の奪取のみ

一つ後のニュース

リーグ戦では柏、FC東京という難敵に連勝し、2位浮上。新たに採用する3バックが攻守両面で奏功しているガンバがACLの大一番を迎えることになる。

「グループステージを突破する上で、僕たちにとって非常に大事な試合になる」とホームでの戦いの重要性を熟知するアデミウソンは、江蘇蘇寧戦への意気込みを口にする。
アデレード・ユナイテッドに快勝し、ACLで好スタートを切ったガンバだが、前節は済州ユナイテッドに1対4で敗戦。グループHで現在、3位につけるガンバにとって、ホームでの江蘇蘇寧戦は勝ち点3の奪取が不可欠だ。
「去年のACLではホームで一つも勝てなかったことが敗因の一つ」と遠藤が振り返るように、ホームでは勝利、アウェイでは最低でも引き分けに持ち込むのがグループステージ突破の鉄則。済州ユナイテッド相手に勝ち点を取れずに終わっているだけに、是が非でも勝ち切りたい一戦となる。

ただ、江蘇蘇寧戦でまず問われるのは現在、機能している3バックの耐久力になる。「相手の外国人選手3人は素晴らしい選手。守備の耐久力も必要になるが、今やれているサッカーを継続したい」と長谷川監督はファビオを中心とする最終ラインへの信頼を口にする。
江蘇蘇寧には2010年のワールドカップ南アフリカ大会にも出場した元ブラジル代表のラミレスや、世代別ブラジル代表の経験もあるテイシェイラ、更には現役のコロンビア代表FW、マルティネスがチームの軸。南米トリオの個の力を前面に押し出して来るチームでもある。

ACLでは2連勝を飾っている江蘇蘇寧だが、計3得点はいずれもブラジル人助っ人によるものだ。変則的な3バックを機能させるキーマンの三浦も「より守備陣の個が試される試合になる」と気を引き締める。

リーグ戦では2試合連続で3得点。長沢とアデミウソンが好調を維持しているのもACLに向けての追い風となるが、「ここで勝てば、突破に向けての大きなチャンスになる。この試合で一番大事なのは勝利すること。先制点が大きなカギを握って来る」とゴールへのこだわりをアデミウソンも口にする。

勝てば一気に首位浮上の可能性も見えて来るACLグループステージの大一番。吹田スタジアムで、ガンバの力を見せつけたい。