• Panasonic
  • ロート製薬株式会社
  • umbro
  • SHIP HEALTHCARE
  • 大建工業株式会社
  • TOYO TIRES
  • セブン-イレブン
  • 大阪国際大学
  • スポーツオーソリティ
  • 追手門学院大学
  • 朝日新聞

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2017.3.17[チーム]

Powered by GAMBAplus

2017.3.19(日) 17:00~ 明治安田生命J1リーグ 第4節 △1-1 浦和@吹田S
[プレビュー]リーグ戦最初の大一番。浦和を叩いて開幕ダッシュを果たしたい

一つ後のニュース

ACLの江蘇蘇寧戦で0対1の惜敗を喫したガンバだが、選手たちは早くも次なる戦いに気持ちを切り替えている。

9日間で3試合を戦う過密日程の締めくくりとなる一戦で相まみえるのは、宿敵の浦和だ。「次の試合も浦和が相手で、本当に大事な試合になる。早く切り替えたい」と倉田は、浦和戦へのモチベーションを高めている。
「去年、アウェイの試合で0対4で負けたので、その借りは返さないといけない」(長谷川監督)。昨季はセカンドステージの直接対決で完敗を喫し、ルヴァンカップの決勝でもPK戦の末に涙を飲んだガンバだけに、今回の浦和戦はリベンジを目指す舞台でもある。

毎シーズン、佳境にタイトルを賭けて火花を散らして来た宿敵浦和だが、今季は互いに首位浮上の可能性と、開幕ダッシュをかけてぶつかり合うことになる。
前節、FC東京に勝利したことで2位に浮上。神戸を勝ち点差2で追うガンバに対して、現在4位の浦和も勝ち点差1でガンバを追走している。

リーグ戦では新布陣の3バックが機能し、2連勝中だが長谷川監督は「うちと同じ形の甲府が前節、4失点している。参考にしてフォーメーションを考えたい」と3バックか4バックの選択に頭を悩ませる。浦和は新加入のラファエル・シルバが早くもフィットし、攻撃陣は3試合で9得点。連動性に満ちた攻撃陣はやはり、要警戒だ。

ただ、指揮官は決して受け身になるつもりはないという。「我々の良さを全面に出して戦って行くつもり」。いかなるフォーメーションを採用しようとも、ホームでアグレッシブに戦い抜く姿勢に変わりはない。「僕らの課題ははっきりしている。勝った試合で見せたようにアグレッシブに戦えるかどうか」(倉田)。ワールドカップアジア最終予選に招集された倉田と今野は、充実のパフォーマンスを浦和相手にぶつけるはずだ。

江蘇蘇寧戦では前半、攻撃が停滞したものの「後半のようなサッカーが出来れば、浦和相手にもチャンスはあると思う」と三浦は修正に向けて自信を見せる。サイドの攻防も重要だが、やはり浦和の武器は前線の連動性。長谷川監督も「1トップと2シャドーが元気なので自由にさせないようにしたい」と警戒感を口にするがファビオや三浦ら最終ラインの踏ん張りも不可欠になる。

「ホームの戦いだし、サポーターもガンバの勝利を待っている。連戦の最後をチーム全員で戦い抜く」(長谷川監督)。ACLから中3日という条件は浦和も同じである。開幕ダッシュに向けて、目指すのは勝ち点3の奪取のみ。市立吹田サッカースタジアムに、今季最初のビッグマッチがやってくる。