ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬株式会社
  • umbro
  • SHIP HEALTHCARE
  • 大建工業株式会社
  • TOYO TIRES
  • セブン-イレブン
  • 大阪国際大学
  • スポーツオーソリティ
  • 追手門学院大学
  • 朝日新聞

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2017.5.15[チーム]

Powered by GAMBAplus

[レビュー]華麗さと泥臭さで勝ち取った勝ち点3。「ACLショック」を払拭したガンバが、札幌をねじ伏せる

一つ後のニュース

ACLのグループステージ敗退が決まってから中4日での札幌戦はガンバの反発力が問われる一戦だった。
「またACLの舞台に戻るためにも、まずはリーグ戦で結果を出さないといけない」(東口)。
北の大地でガンバを迎え撃ったのは今季ホームで3勝2分けの札幌だ。今季J2から昇格して来た札幌ではあるが、「チームとしてオーガナイズされているし、全員タフな選手が揃っている」と長谷川監督はその地力を警戒していた。
都倉という明確なストロングポイントに対して、迷うことなくロングボールを蹴り込んで来る札幌を見据え、前線には献身的なチェイスを見せる赤﨑を起用。和製ツートップで挑んだがガンバだったが、札幌も縦へのシンプルな攻撃でガンバに対応。前半は拮抗した展開で進んで行く。

先手を取れば、迷うことなく徹底したブロックを引いて守る札幌だけに、慎重な試合運びを強いられたガンバだが、牙を剥くべきタイミングではガンバらしさを発揮した。
前半のアディショナルタイムに井手口が入れた縦パスをスイッチに藤本が長沢と電光石火のワンツー。大勝した大宮戦以降、その抜群のキックセンスで攻撃を牽引している藤本は左足の芸術的なループでガンバに先制点をもたらした。
「チャンスがあれば、点も狙っている」。好調を保つ背番号25は移籍後初ゴールでチームを牽引したが、後半はガンバの守備力が問われる展開だった。
試合のターニングポイントだったのは51分だ。都倉の折り返しを三浦が処理に戸惑うと、菅が東口を完全に破る一撃を放つも、ファビオがゴールライン上で体を張ってクリア。そして56分にも都倉が競り合ったセカンドボールから菅が強烈なシュート。しかし、井手口が再びゴール前で辛うじて立ちはだかった。
ACLでは相手のごり押しに近い攻撃に耐えきれない場面もあったガンバだったが、札幌戦では泥臭く、そして粘り強く相手の攻撃を守り切った守備陣がその輝きを見せつけた。

大宮戦の大勝後、攻撃陣に厚みが増したガンバは札幌を突き放すべくアデミウソンと泉澤を投入。後半に攻撃のギアを上げられる強みを札幌戦でも見せつける。89分にはアデミウソンのラストパスを受けた泉澤が冷静に蹴り込んで札幌にとどめを刺した。
都倉の空中戦を生かしたパワフルな攻撃を繰り出し続ける札幌を見事に完封。唯一リーグで一桁台の失点数を保っている最終ラインの粘りと攻撃陣の勝負強さが噛み合って、2試合ぶりの勝利をつかみ取った。
得失点差でわずかに後れをとるものの首位浦和と勝ち点22で並んだガンバが、「ACLショック」を払拭してみせた。