ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • スポーツオーソリティ

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2017.6.7[インフォメーション]

応援のあり方に関するプロジェクトチームの進捗状況及びオフィシャルフラッグ類の掲出について

一つ後のニュース

いつもガンバ大阪をご声援頂き有難うございます。
2017/4/16(日)14:00キックオフ ヤンマースタジアム長居にて行われたJ1リーグ第7節「セレッソ大阪vsガンバ大阪」の試合において、試合前の場外およびビジター側ゴール裏スタンドにて、ガンバ大阪サポーターによる政治的思想を連想させる旗が掲出されました。
今回の事案を受けて、ガンバ大阪としては社会的な責任の重さを痛感し、厳粛に受け止め、再発防止に向け、サポーターとクラブで応援のあり方についてのプロジェクトチームを立ち上げ、応援に対するコンセプトを検討・共有し新たな応援スタイルをクラブとサポーターが共に作り上げていくことを決定いたしました。
プロジェクトチームは5/27(土)に第一回目のミーティングを開催し、以下の応援綱領を設定いたしました。

ガンバ大阪とファン・サポーターは世界に誇れるクラブを目指し共に戦う
・チームを鼓舞し、チームがファン・サポーターと共に戦う応援
・試合に関わる全ての人をリスペクトし、相手を圧倒する応援
・スタジアム全体が一つになって歓声が響き渡る応援

今後、以上の応援綱領を基に応援のあり方をプロジェクトチームにて決定していきます。

また、4/21(金)に開催されたJ1リーグ第8節大宮アルディージャ戦以降、全てのエリアにおいてガンバ大阪を応援する横断幕や旗、ゲートフラッグ等全ての掲出物を禁止とさせていただいておりました。6/7(水)現在、J1リーグ・J3リーグ合計12試合(ホームゲーム6試合、アウェイゲーム6試合)が経過しましたが全ての試合において、トラブル無く終えることができました。ご協力いただいたお客様に改めて感謝いたします。

約2ヶ月間の掲出禁止期間においてトラブル無く、皆様にご協力いただいている現状を踏まえ、6/18(日)J3リーグ第13節グルージャ盛岡戦から試験的に掲出物の解除を行っていきます。
まず、オフィシャルフラッグ(ガンバ大阪がグッズとして販売・配布しているフラッグ)に限り、掲出を可能とさせていただきます。フラッグが販売された時期については制限ありません。また、竿を抜いて旗部分のみ掲出や、加工を施したもの(オフィシャルフラッグを複数枚縫い合わせたり、竿を変更したもの等)、フラッグにサイン等加筆されたものは禁止とさせていただきます。

オフィシャルフラッグ以外の掲出物は引き続き掲出禁止となります。
ご理解・ご協力の程よろしくお願いいたします。

※オフィシャルフラッグ・・・・ガンバ大阪がグッズとして販売しているフラッグ(棒付き)
 フラッグ(L) 1015mm×1575mm
 フラッグ(M) 435mm×675mm
 フラッグ(S) 290mm×450mm
 グリップ付きフラッグ 620mm×510mm
 ミニフラッグ 110mm×185mm
 プレーヤーズミニフラッグ 200mm×110mm
 ミニのぼり  210mm×70mm