ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬株式会社
  • umbro
  • SHIP HEALTHCARE
  • 大建工業株式会社
  • TOYO TIRES
  • セブン-イレブン
  • 大阪国際大学
  • スポーツオーソリティ
  • 追手門学院大学
  • 朝日新聞

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2017.7.2[チーム]

Powered by GAMBAplus

[レビュー]総力戦で仙台をねじ伏せたガンバ。4連戦の初戦でチームの地力を見せつける

一つ後のニュース

2対0というスコアが危険なものであることを改めて思い知らされた仙台戦だった。

長谷川監督の就任後、3勝3分けと一度も負けを喫していない相性のいい仙台のアウェイ戦に挑んだガンバ。しかし長谷川監督は「非常にやっかいな相手。難しい試合になるだろうとある程度は予想している」と新たなスタイルを構築中の仙台を警戒していた。
遠藤をトップ下に配置する新布陣でアウェイに乗り込んだガンバだが、序盤は背番号7が攻守で躍動する。
3バックが積極的にビルドアップに参画する仙台に対して、2トップと遠藤がボールの出どころをケア。一方で、攻撃時には自在の位置取りで起点となる遠藤が前半、ガンバの攻撃を牽引した。

「相手のいい部分を出させないようにして、逆に僕らは自分らの良さを出したい」(遠藤)。オウンゴールで奪った9分の先制点も仙台の3バックの両脇に生まれるスペースをアデミウソンが突くというチームの狙い通りの攻めがもたらしたものだ。
「1点取ってそのあと若干、落ち着いてしまった」と長谷川監督は前半の戦いぶりに満足感は見せなかったが、24分に三田が放ったミドルシュートは東口がスーパーセーブ。警戒していた仙台のエース、クリスランへのロングボールをファビオや三浦らが巧みに封じながら、ガンバは一瞬の隙をしたたかにうかがっていた。
55分に藤本を投入し、中盤の形をダイヤモンドからフラットに変えたガンバは、サイドでボール支配は許しても中央やゴール前での破綻を許すことなく、堅守を披露。70分には藤本のパスを受けたアデミウソンがサイドのスペースに走り込み、井手口の2点目をお膳立てする。

難敵、仙台に2点をリード。盤石の試合運びを見せていたはずのガンバだったが、「クロスには非常に特長がある」と話していた仙台のストロングポイントから失点する。76分にクロスを合わされ1点差に迫られたガンバは、80分にもCKから同点ゴールを献上。残り10分あまりで試合を振り出しに戻されながらも指揮官と選手たちに焦りはなかった。
84分、遠藤に代えて金を投入した長谷川監督だったが「あの時間帯からもう一手で勝ち越すことはできないかということを考えた時に、金正也の選択になった」。
金の投入でまず守備の安定感を取り戻すと、途中出場の呉屋がロングパスを懸命に収めて、ファウルをゲットする。ゾーンでセットプレーに対応する仙台に対して、アディショナルタイムにはファビオがヘディング弾で劇的な勝ち越し点を叩き込んだ。

「最後まで勝利を追い求めて戦った選手たちを讃えたい」(長谷川監督)。取られたら取り返すのがガンバのスタイルだ。文字通りの総力戦で、ガンバが7月戦線の初戦を飾った。