ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬株式会社
  • umbro
  • SHIP HEALTHCARE
  • 大建工業株式会社
  • TOYO TIRES
  • セブン-イレブン
  • 大阪国際大学
  • スポーツオーソリティ
  • 追手門学院大学
  • 朝日新聞

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2017.10.6[チーム]

Powered by GAMBAplus

2017.10.7(土) 13:00~ 明治安田生命J3リーグ 第26節 ●3-2 C大23@ヤンマー
[プレビュー]髙江・林が語るJ3第26節 vs C大阪U-23 ―若きガンバが挑む絶対に負けられない舞台。大阪ダービーで連敗脱出を目指す

一つ後のニュース

前節、藤枝に1対6で敗れ、今季チームワーストとなる6連敗目を喫したガンバ大阪U-23。しかし、悪い流れを断ち切る上で最高の相手との一戦に挑むことになる。
「監督からもダービーが持つ意味を強調されている」(髙江)。アウェイで待つのはC大阪U-23との大阪ダービーだ。
ガンバとしてはルヴァンカップ準決勝と合わせた「ダービー3連戦」。アカデミー時代からその重みを知る林は「ここで僕らが勝てば、次の日のルヴァンカップにも弾みがつく。ガンバ全体にいい風を吹かせたい」と弟分としての意地を口にする。

「まず、先に失点しないことも大事になる」(林)と6試合連続で失点が続く守備陣の立て直しが急務だが、ガンバ大阪U-23が目指すチーム全体の連動した守備でまずはリズムを作り出したい。
現在15位のC大阪U-23は直近の5試合で2勝2分け1敗と好調で、失点はわずかに3。ハードワークを売りにしているスタイルに負けないことも不可決だが、前線の米澤や岸本らにも警戒が必要だ。

選手の誰もが「この試合だけは内容より結果だけが重要になる」と口にするダービー。シーズン終盤の巻き返しに向けて、若きガンバの意地をぶつける大一番になる。

MF44 髙江麗央「連敗が続いていますけど、僕らのモチベーションは全く変わっていません。ここで勝てばチームの流れも変わると思いますし、何よりダービーは絶対に勝たないといけない試合だと僕も自覚しています。僕や一美君が攻撃面を引っ張らないといけないですし、何としてもチームとして勝ち点を取りたい。個人的には前節に続いて連続で得点を狙っていますし、チームとしてゴールを生み出せるようなプレーも意識しています。ダービーはガンバにとって一番勝たないといけない試合ですし、そういう意味でもシーズン終盤に向けて非常に大事な試合になると思っています。」

GK31 林瑞輝「メンバー構成とかは関係なく、一切の言い訳が効かないのがダービーという舞台です。この試合だけは内容よりも、勝つ事だけを考えて戦うつもりです。ガンバは本来、しっかりとビルドアップするスタイルですけど、DFラインのメンバー構成とかを踏まえれば、割り切って、シンプルにプレーをすることも意識したい。失点数が多い試合が続いているので、GKとしては失点しないことを考えていますし、U-23のダービーは同世代の相手との試合です。絶対に点を取られたくないし、僕自身はいい守備をして、チームを勝たせたいですね。」