ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬株式会社
  • umbro
  • SHIP HEALTHCARE
  • 大建工業株式会社
  • TOYO TIRES
  • セブン-イレブン
  • 大阪国際大学
  • スポーツオーソリティ
  • 追手門学院大学
  • 朝日新聞

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2017.11.17[チーム]

Powered by GAMBAplus

2017.11.19(日) 14:00~ 明治安田生命J3リーグ 第32節 △0-0 鹿児島@吹田S
[プレビュー]髙江・一美が語るJ3第32節 vs 鹿児島 ― ホーム最終節で見せたい若きガンバの成長。難敵鹿児島相手に目指すのは3連勝のみ

一つ後のニュース

若きガンバがシーズン終盤に来て、その成長を見せ始めている。
「勝ちきれるようになってきたのは自信になる」(髙江)。今季初の連勝を飾ったY.S.C.C.横浜では劇的な打ち合いを制して、4対3で勝利を飾ったが、2試合連続で4得点を奪っている攻撃陣の迫力は本物だ。
宮本監督が地道に磨き上げて来たストロングポイントの左サイドに加えて、2試合連続でゴールに絡んでいる森も右サイドで存在感を発揮。2試合で計8点を叩き出している攻撃は随所でガンバらしさを見せ始めている。

今季最後のホームゲームで迎え撃つのは現在4位の鹿児島だ。「鹿児島はギリギリJ2昇格の可能性を残しているし、点が取れるストライカーがいる」と宮本監督が警戒を口にするように3連勝へのハードルは決して容易いものではない。
アウェイで0対1と敗れた際に決勝点を許している藤本は20得点でJ3の得点ランクトップ。3連勝に向けて鍵を握るのが守備面の安定感となりそうだ。

「今までは攻撃陣に救われている。藤本選手はミスを逃さないのでイージーミスはなくさないとダメ」(林)。数字の上ではJ2昇格の可能性を残す難敵に対して、まずは守備意識を高めたい。
「ホーム最後の試合は勝って終わる」と力強く言い切った一美の言葉をチーム全員で体現し、3連勝を飾ってみせる。

MF44 髙江麗央「まだ、失点は続いていますが、そういう展開でも点を取り返せるようになってきたのはチームの成長だと思いますし、2試合連続で勝ちきったのは僕らにとっても大きな自信になっています。
攻撃に関してはチーム戦術の幅も広がって来た手応えを感じていますし、僕自身もサイドでプレーしていて色んなプレーの選択肢があるので余裕を持てています。ホーム最終節で勝ちたいですし、今のチームの勢いに僕自身も上手く乗る事で結果を出したい。残り2試合でもいいサッカーを見せて、来シーズンに向けてもいい状態で今季を終わりたいと思っています。」

FW33 一美和成「今季初めて、連勝出来たのはチームの調子がいいからだと思いますし、次の鹿児島戦もこの調子を保ちながら3連勝を狙うつもりです。僕自身も2試合連続でゴール出来ていますが、やはり大事な場面でFWが点を取ればチームの士気も上がりますし、僕自身の評価を上げることにもなる。
鹿児島戦でも宮本監督からいつも指摘されていることを意識しながら、ゴールを狙って行きたいですね。今季は厳しい戦いばかりで、サポーターに嬉しい思いをあまり感じてもらえていないので、今季最後になるホームの試合では勝って終わるつもりです。」