ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬株式会社
  • umbro
  • SHIP HEALTHCARE
  • 大建工業株式会社
  • TOYO TIRES
  • セブン-イレブン
  • 大阪国際大学
  • スポーツオーソリティ
  • 追手門学院大学
  • 朝日新聞

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2017.11.24[チーム]

Powered by GAMBAplus

2017.11.26(日) 13:00~ 明治安田生命J1リーグ 第33節 ●0-1 札幌@吹田S
[プレビュー]倉田・藤春が語るJ1第33節 vs 札幌 ― 今季最後のホームゲーム。札幌に勝ちきり、サポーターの思いに応えたい

一つ後のニュース

「勝ちきれない試合が続いているので札幌戦は絶対に勝ちたい」。キャプテン遠藤の言葉は、ガンバに携わる誰もが胸に秘める思いでもある。
前節は川崎の前に沈黙し、完敗を喫したガンバだがホーム最終節に向けて選手たちは紅白戦から実戦さながらの激しいプレーを披露。「結果にこだわって戦いたい」と藤春が言い切るように、札幌戦では12試合ぶりとなる公式戦の勝利だけを追い求める。

前節は東口が孤軍奮闘したが、札幌戦で鍵を握るのはやはり、攻撃陣の奮起である。前線で抜擢される可能性がある髙木は「彰人はボールが収まる」と長谷川監督も期待を寄せる一人。前線での起点を欠いたことが川崎戦の劣勢を招いただけにFW陣の機能性が勝負の明暗を分けると言っても過言ではないだろう。
札幌とは2002年10月以降8試合負けがなく、長谷川監督の就任後も3連勝中。しかし、今季の札幌はJ1昇格組ながら、手堅い戦いを見せており、前節既にJ1残留を決めている。

「いかにジェイを抑えることが出来るか」(三浦)。攻撃の良さを出すのは勝利への大前提だがジェイは前節も2得点し、10月は月間MVPにも選出。
最後のホームゲームとなる長谷川監督のため、そしてサポーターの思いに応えるため、必ず勝ち点3をつかみ取る。

MF10 倉田秋「もう川崎戦から気持ちを切り替えるしかありませんが、戦い方を大きく変えることはありません。ただ、札幌戦ではとにかく、がむしゃらにプレーしたいですね。川崎戦を振り返りましたが、単純な切り替えで相手の方が気持ちが入っていて速かった。個人的には川崎戦も僕が何とか攻撃を引っ張りたかったのですが、そこで何も出来なかった悔しさが残っています。
次は今季のホーム最終節ですし、サポーターの方にホームで最後の試合までフラストレーションを溜めさせるわけにはいかないと思っています。スッキリとした試合をして勝ちたいと思います。」

DF4 藤春廣輝「チームが今は勝てていないので結果にこだわって戦いたいですね。今季、ホームで戦える最後の試合だし、長谷川監督にとってもホームでは最後なのでいい形で終われるようにするつもりです。
初瀬は中盤でプレーしても、クロスがあるし、いいパスも出してくれる。逆サイドにいる僕も見てくれるので、凄くプレーはしやすいですね。札幌戦でも守備をしながら、積極的に攻撃参加したいし、試合後には恒例のセレモニーがあるのでいい雰囲気にするためにも勝ちたい。皆が100%を出し切らないといけないし、選手全員気合いは入っていますよ。」