ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬株式会社
  • umbro
  • SHIP HEALTHCARE
  • 大建工業株式会社
  • TOYO TIRES
  • セブン-イレブン
  • 大阪国際大学
  • スポーツオーソリティ
  • 追手門学院大学
  • 朝日新聞

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2017.12.12[チーム]

Powered by GAMBAplus

[ 長谷川ガンバの軌跡 ]劇的なシーソーゲームでつかんだアジア4強。全北現代での逆転勝利

一つ後のニュース

― ガンバがクラブ史上初のJ2リーグを戦った2013シーズンから指揮を執った長谷川健太監督。前人未到の昇格即三冠という偉業を成し遂げ、数々の日本代表を輩出してきた長谷川ガンバが5年間の一時代にピリオドを打った。その足取りを振り返る。―

「ガンバでは思い残すことはない」と言い切った長谷川監督だが、ほんの少しだけ残る悔いが「ACLは獲りたかった」である。
長谷川体制では3シーズン挑戦したアジアの大舞台で、その頂上が確かに視界に入った瞬間は存在した。

2015シーズン9月16日、ガンバはACL準決勝で韓国王者の全北現代を万博記念競技場に迎え撃った。
アウェイで行なわれた第1戦はスアアレスドロー。「ホームで勝てばいい状況を作れたのは良かった」と遠藤は手応えを口にしたが第2戦ではいきなりの苦しい展開を強いられる。
開始早々の13分に早くもアウェイゴールを奪われたガンバだったが、14分にパトリックが同点ゴール。しかし、アウェイゴール方式のACLだけにこのままでは準々決勝敗退が決まる状況だった。
エース宇佐美は累積警告により出場停止。和製エースを欠く展開で勝ち越しを目指したガンバだったが、韓国王者も堅守でガンバの前に立ちはだかる。
ガンバの勝利だけを信じて場内に熱い声援が響き渡る中、遠藤のパスを受けた倉田が右足を一閃。相手DFに当たってコースが変わったミドルシュートで76分に勝ち越したガンバだったが、ドラマはここからが本番だった。

このままでは敗退が決まる全北現代は直後にDFに変えて189センチの大型FWウルコ・ベラを投入。パワープレーに活路を見出して来るが、ガンバも83分に金をピッチに送り出し、3バックで逃げ切りの体制へ。
しかし、89分、万博記念競技場に再び悲鳴が響き渡る。パワープレーからウルコ・ベラに同点ゴールを献上。このままではアウェイゴールの差で敗退が決まる状況でも選手たちに焦りはなかった。
「全員が諦めずに最後まで戦っていた」(遠藤)。
長谷川監督は右SBの米倉に前方でのプレーを指示。あくまでも再度勝ち越しを目指したガンバだったがアディショナルタイムに存在感を見せたのがやはり、百戦錬磨の司令塔だった。

3バックの一角だった金に前方でのプレーを指示していた遠藤だったが、自陣でブロックを作る全北現代に対して、あえてパワープレーで挑むのではなく、ガンバらしい「地上戦」を選択。金に縦パスを遠藤が送ると、金も絶妙のタッチで米倉へラストパス。チーム、そしてサポーターの執念が乗り移った一撃は全北現代のゴールネットを揺さぶった。
「重要な試合でこういう劇的な勝ち方をするというのは、チームとしては盛り上がる」(遠藤)。準決勝では広州恒大の前に涙を飲んだが、「万博劇場」を体現した全北現代戦は、長谷川ガンバの真骨頂だった。