ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2018.3.1[チーム]

Powered by GAMBAplus

2018.3.3(土) 16:00~ 明治安田生命J1リーグ 第2節 ●0-1 鹿島@カシマ
[プレビュー]長沢・倉田が語るJ1第2節 vs 鹿島 ― 鹿島戦で問われる現在の立ち位置。攻撃的なスタイルで今季初勝利へ

一つ後のニュース

開幕白星は逃したものの、ホームでガンバの新たなスタイルの一端を見せた名古屋戦。「やっていることは間違いない。これを継続するだけ」と倉田が言い切るように、ガンバは攻撃サッカーの再構築に向けて正しい道を歩もうとしている。

大黒柱、遠藤と長沢のゴールには指揮官が求めるサイド攻撃のエッセンスが見て取れたが、新生ガンバの中心で輝きを放ったのはプロ3年目の市丸。打ち合いを好む名古屋とは対照的に鹿島は相手の良さを消すしたたかさも併せ持つだけに「次の鹿島戦でどれだけやれるか」と市丸は初めて顔合わせする難敵相手に気を引き締める。
攻撃面では徐々に本来の迫力を取り戻しつつあるガンバだがクルピ監督が求めるのは「攻守両面のバランスとリスク管理」である。両SBが高い位置を取るガンバだけに相手カウンターへの対応は不可欠。開幕戦では清水とスコアレスドローに終わっている鹿島もホームで勝ち点3を目指すのは間違いないだけにアグレッシブな90分になるはずだ。
「しっかりと鹿島の前線を抑えたい」と三浦は金崎と鈴木の2トップを警戒するがセットプレーでも勝負強さを見せるのが鹿島。攻守両面でガンバの立ち位置が問われるビッグマッチになる。

FW20 長沢駿「開幕戦で早速、点が取れたのは個人的には良かったですが、ただ、勝ち切りたい試合でした。沖縄キャンプでチームとしてなかなか点が取れていなかった中、2点を取れたのは良かったと思ってますし、チャンスも増えて来ている。あとは、そのチャンスを冷静に決められるかどうかですね。鹿島には素晴らしいCBが守備陣にいますが、そういう相手との試合は楽しみな部分もありますし、結果を残せれば僕自身のFWとしての力をアピールする場にもなると思っています。とにかくチームが結果を残せるようにしっかりとプレーしたいですね。」

MF10 倉田秋「名古屋との試合では3失点しているし、まだまだですね。次の鹿島戦でチームが今、どれだけ良くなっているのかが図れると思っています。今自分たちが目指しているサッカーを継続してやる時期ですし、クルピ監督とともに目指しているサッカーに間違いはないと思います。攻撃的に行くというのを目指している以上、シュート11本では少ないと思っています。毎試合20本近くシュートを打てるような攻撃をしないとダメだと思っています。選手同士で反省点をしっかりと話し合っていますし、いい関係が出来ています。今の自分たちを鹿島相手にぶつけるだけです。」