ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • スポーツオーソリティ

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2018.3.10[チーム]

Powered by GAMBAplus

2018.3.10(土) 13:00~ 明治安田生命J1リーグ 第3節 ●0-2 川崎F@等々力
[レビュー]広島戦の反省をピッチで体現もリーグ戦で3連敗。

一つ後のニュース

ルヴァンカップで広島に4失点を喫して敗れたガンバ。「守備に関しては後ろの選手と意見をすり合わせながらやっていきたい」と遠藤が話した修正点は川崎戦のピッチ上で確かに反映されていた。
攻撃的なスタイルを模索する今季のガンバだが、不用意に前がかりになりすぎてリスク管理が疎かになっていたのが連敗の要因に。昨年のリーグ王者、川崎に対して「先に点を取られるとキツくなる。まずはしっかりとした守備から」と東口が話したように、ガンバは中盤と最終ラインがしっかりとラインを形成し、狙いのある守りを見せていたが立ち上がりの8分、CKのこぼれ球を蹴り込まれ、不運な先制点を献上する。

追う展開を強いられたガンバだが、前線にはリーグ戦で初先発となるアデミウソンや2列目でアクセントになる井出を配置。「スムーズにボールが動くように色んなところに顔を出そうと思っていた」と井出やアデミウソンがボールを受けて仕掛けるも川崎を崩し切る場面は作りきれず、前半はシュートゼロに終わってしまう。
1点を追う後半、クルピ監督は泉澤を投入し、アデミウソンを1トップにスイッチ。「アタッキングサードで仕掛けるプレーをする」と攻撃へのテコ入れを図る。
「前半は攻撃的に行きたい割には全然、攻撃的にいけなかった。ゴールに向かって行く姿勢がチームにとって大事になる」(泉澤)。決定機にはならなかったが、積極的な攻撃参加を見せていた藤春とともに左サイドを活性化させた泉澤の投入で徐々に川崎陣内でボールを握り始めたガンバだったが、55分、今のチームの課題が露呈する。川崎陣内でボールを失ったところからカウンターで攻め込まれ、家長に痛恨の2点目を献上。
前年王者に対して2点のビハインドを背負ったガンバだが、クルピ監督は井出に代えてファン ウィジョを投入し、更に攻撃への圧力を高めて行く。

シュート数2本に終わったガンバだが、最大のビッグチャンスは2失点目を許した直後の61分だった。藤春のパスに抜け出した泉澤がゴール前に絶妙のラストパス。アデミウソンとの呼吸は完璧に合った崩しだったが川崎DFにクリアされ、得点にはいたらなかった。
「まだまだチームとしてのバランスが悪い。それが結果的に敗戦につながってしまっている部分はある」とクルピ監督は中盤のバランスを課題に掲げたが、守備面に関してはチームの意思統一も見て取れた川崎戦だった。