ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • スポーツオーソリティ

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2018.4.9[チーム]

Powered by GAMBAplus

2018.4.8(日) 15:00~ 明治安田生命J1リーグ 第6節 ●0-1 神戸@吹田S
[レビュー]土壇場で痛恨の被弾。ガンバが神戸に競り負ける

一つ後のニュース

「一つ試合に勝てば弾みがつく」(遠藤)。ルヴァンカップの名古屋戦であえて主力を投入。過密日程の中で「勝ち癖」をつけたいガンバがホームで神戸を迎え撃った。
4対1で快勝した名古屋戦のメンバーが軸だが、この日はアカデミー育ちの俊英が待望のトップデビューを飾っていた。ガンバ大阪U-23で4得点と好調を維持している2年目の食野が左サイドで先発。その食野が立ち上がり早々、チャンスの起点になる。
リーグ戦でまだ勝ちがないガンバにとって神戸戦で必要なのは勝ち点3。開始早々食野のクロスをファン ウィジョが落とすと遠藤が枠内に強シュートを放ち、神戸ゴールを脅かす。

上向きつつある攻撃陣の手応えをピッチ内で体現していたガンバだったが、神戸戦でまず選手たちが意識していたのは「失点が多かったので、守備面で集中することを大事にしていた」(オ ジェソク)。今季はボール保持を基本軸に据える神戸に対して、立ち上がりからチームが連動した守りを繰り出して行く。
スコアレスで折り返した後半に入って最初のピンチは52分のルーカス・ポドルスキの直接FK。東口が好セーブを見せると、流れはガンバに傾いて行く。
「去年までになかった中央の崩しも出来ている」と長沢が言い切るように、55分にはこの日最大のビッグチャンスを作り出す。
遠藤の縦パスを長沢がダイレクトではたくと、DFラインの裏に抜け出したファンが狙い澄ましたパーフェクトショットを放つも、シュートはポストに嫌われる。「試合に出られたら、自分の爪痕を残したい」と結果への強いこだわりを口にした食野が、こぼれ球に反応しダイレクトでフィニッシュするも、枠をとらえきれず、ガンバが先制の絶好機を逃してしまう。

米倉と藤本を57分に連続で投入し、攻撃へのギアを上げるべく4-4-2の2トップに移行したガンバ。67分には長沢のパスを受けたファンがフリーでシュートを放つものの、その後は一進一退の攻防が続いて行く。
ルヴァンカップでは主力を温存した神戸に対して、走り負けることのないガンバ。互いにカウンターを繰り出す展開で迎えた後半のアディショナルタイム、神戸のヘディングシュートをファビオがゴール内でクリアするなど粘りを見せた守備陣だったが土壇場でカウンターから痛恨の決勝点を献上し、神戸に競り負けた。
「神戸のフィニッシュの精度が我々よりも高かったということで結果として敗戦という最悪な結果となった」と悔しげに振り返ったクルピ監督だが、決定機の精度が悔やまれる神戸戦だった。