ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • スポーツオーソリティ

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2018.4.14[チーム]

Powered by GAMBAplus

2018.4.14(土) 14:00~ 明治安田生命J1リーグ 第8節 ●0-3 長崎@トラスタ
[レビュー]長崎にミス絡みで3失点。ガンバが痛い負けを喫する

一つ後のニュース

前節、磐田から今季初勝利を勝ち取り、長かったトンネルから抜け出したガンバ。しかし1勝で満足するクラブでないガンバだけに「アウェイでも勝ち点3を取りたい。長崎戦は非常に重要な試合になる」と遠藤は連勝への思いを口にした。
磐田戦で勝利した要因の一つは前線からの守備を鋭いハーフカウンターにつなげていたこと。磐田戦で負傷交代した長沢に代わって1トップを務めたファン ウィジョを軸に連勝を目指したガンバだったが、長崎戦でも立ち上がりはその狙いが奏功する。
10分、長崎が自陣でパスをつないだ瞬間、米倉が高い位置で猛然とプレスをかけて、ボール奪取。右サイドを完全に崩し切り、ファンにラストパスを送ると、得点ランクトップタイのファンが右足を振り抜くも先制点には至らない。

その後もマテウスがFKを獲得するなど運動量豊富な長崎に対して遅れを取ることなく、ボールを握っていたガンバ。しかし「長崎戦は先制点が大事になる」と遠藤が見越していた先手を長崎に取られてしまった。
ビルドアップ時には両サイドバックを高く上げるのが今季のガンバだが、東口のゴールキックが相手に奪われると左サイドを崩され、痛恨の先制点を献上する。
23分にもこの日、抜群のスプリント回数を見せていた米倉が長崎ゴールを脅かすシュートを放つも前半は1点のビハインドで折り返したガンバ。
勝てば最下位から抜け出せる長崎との直接対決だけに、後半からオを投入。米倉を2列目にスイッチし、巻き返しを図ったはずのガンバだったが48分、昨季ガンバでプレーした中原のシュートのこぼれ球を蹴り込まれて、2点を追う展開に。
直後の51分にはロングフィードに抜け出したファンが長崎DFのマークをものともせずフィニッシュに結びつけるも、守備時には5バックでスペースを埋める長崎を崩し切るのは至難の業。
勢いづく長崎に対して、苦しい時間帯が続いたガンバは62分、倉田に代えて中村を送り出したが直後に痛恨のミスが待っていた。長崎のミドルシュートをガッチリ、キャッチした東口が遠藤にボールをスロー。しかし、パスを受けた遠藤が長崎のプレスでボールをロストすると、そのこぼれ球を中原に叩き込まれて痛恨の3点目を献上した。

諦めないガンバも82分にCKで相手GKのパンチングミスを初瀬がシュート。ボールは枠を捉えたが中原がゴール内でクリアし、長崎ゴールを割り切れず、タイムアップ。「自分たちのミスでカウンターになっていたところしかなかった」と東口は悔しげに振り返ったが、自滅で痛い一敗を喫した。