ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • スポーツオーソリティ

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2018.4.22[チーム]

Powered by GAMBAplus

2018.4.21(土) 19:00~ 明治安田生命J1リーグ 第9節 ○1-0 C大阪@吹田S
[レビュー]俺たちが大阪だ。戦い抜いたガンバがダービーを制する

一つ後のニュース

「ガンバのユニフォームを着て、そのプライドを懸けて戦い抜いた選手達を心から讃えたい」。試合後、レヴィー クルピ監督が口にした言葉が大阪ダービーの全てを物語っていた。
最下位という屈辱的な立場で迎えるガンバにとって大阪ダービーで勝ち点が不可欠なことを選手の誰もが分かっていた。
3日前のルヴァンカップでトップデビューを飾った髙江が大一番で先発に大抜擢。キックオフの笛が鳴ると同時に、ガンバの選手は気迫をみなぎらせた。

立ち上がりはそれぞれがボールを握る互角の展開だったがまさかのアクシデントがガンバに降り掛かる。
11分、相手GKのフィードで東口と三浦が交錯。顔面を強打した東口がまさかの負傷交代を余儀なくされる。
絶対的守護神を欠くという苦境に「あれでより気合いが入った」(藤春)ガンバだが、サイドを起点にファン ウィジョを活かす攻撃を繰り出すと26分には倉田が左サイドからクロス。ファンが頭で合わせて最初の決定機を作り出す。
「現状として勝ちきれていない試合が多かった中で、全員が勝ちたいという気持ちを出してやっていた」と遠藤が振り返ったように誰もが球際で戦い、ファウルを厭わない激しい局地戦を披露。そして、39分にガンバの執念が結実する。ボールの回収能力を評価され、ピッチに立っていた髙江が山口のパスミスをカット。ハーフカウンターのスイッチを入れるとボールを拾った倉田がファンにパス。ペナルティエリア内で突破を図ったファンが倒され、PKをゲットする。

「真ん中に蹴ろうと思っていた」と韓国代表GKを居抜き、41分に先手を取ったガンバ。「2点目、3点目を獲りに行こう」とクルピ監督から檄を飛ばされた後半、ガンバは完全に試合の主導権をつかみ取る。
55分には遠藤のスルーパスに抜け出した藤春が絶妙のクロスを送ると、藤本がヘディングシュート。相手GKのファインセーブもあってポストに嫌われ、2点目を逃したガンバだが、その後も攻め手は緩めない。
清武を投入し、反撃を図ろうとするC大阪に対して、ガンバは全員が徹底したハードワークで対抗。本来の輝きを取り戻した倉田も守備時には自陣バイタルまで圧巻の運動量でケアし、守備の綻びを許さなかった。86分にも決定機をファンが逃し、2点目が遠かったガンバだが終盤に受けたC大阪の猛攻も林を中心にシャットアウト。藤春は言った。「今日は走り切ったことが全てだった」。
痺れる90分を戦い抜いたガンバが、大阪の雄としてのプライドと地力を見せつけた。