ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • スポーツオーソリティ

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2018.5.5[チーム]

Powered by GAMBAplus

2018.5.6(日) 14:00~ 明治安田生命J3リーグ 第10節 ○3-0 沼津@万博
[プレビュー]首位を迎え撃つ若きガンバ。無敗のホームで沼津の堅守をこじ開ける

一つ後のニュース

前節は苦手とするアウェイで琉球に敗れたガンバ大阪U-23が中2日の厳しい日程で沼津をホームに迎え撃つ。
沼津は現在、J3で首位を走るだけでなく、8試合でわずか3失点というリーグ最強の守備力を誇るチーム。だが、首位チームとの対戦は若きガンバの闘志に火をつけている。
「沼津は確かに堅いチームだし、個人的には去年対戦した相手でも一番強かった。だからこそ、ここで勝てればチームにとっても大きい」と意気込むのはエースの一美だ。
暫定で9位のガンバ大阪U-23だが、ホームでは3勝1分けで負け知らず。昨季王者の秋田にも快勝した実力を、リーグ首位の沼津にぶつけるだけだ。

沼津の堅守をいかにこじあけるかがポイントとなる一戦だが、勝敗の鍵を左右するポイントは先制点の有無である。
最終ラインを束ねる野田も自らの役割は自覚済み。「沼津は本当に堅いチーム。先に点を取られると、よりこじ開けるのは苦しくなる。琉球戦の反省を活かして、しっかりと我慢したい」。
中2日の連戦に加えて、キックオフの時間帯は午後2時。厳しいコンディションでのゲームとなるだけに宮本監督も「試合のインターバルも少し沼津より短いし、いかに運動量で遅れを取らないかも大事。リカバーの様子も含めて、メンバー構成を考えたい」とあくまでも勝ち切るメンバーをピッチに送り出すつもりだ。
前節はピッチに立っていない高らを含めて、総力戦で挑むことになるのが沼津戦となる。
沼津はJ3初参戦の昨季、3位に食い込んだ地力を今季も保つが、特定の個に頼ったチームではなく、直近の2試合も1対0という勝負強さを見せている。ただ、それぞれ4得点を決めている青木や畑ら確固たる得点源には細心の注意が必要となる。

3連勝を目指して乗り込んで来る沼津に対して、若きガンバが目指すのは当然ながら、勝ち点3の奪取である。勝ち切る上でやはり不可欠になるのは攻撃陣のパフォーマンス。過密日程のデーゲームだけに、攻撃のタクトを握る中盤の選手たちがいかにボールを動かせるか。「パスの精度を含めて、琉球戦以上にもっと良い攻撃を見せないとダメ」と話すのはトップデビューも飾った髙江だ。
個々の顔ぶれに派手さはない沼津だが、組織的なハードワークもJ3屈指。そんな首位チームを相手に宮本監督は言う。「何とかリーグでトップを走るチームに食らいついて行きたい」。
貪欲に、そして泥臭く若きガンバがチャレンジャーとして沼津に挑む。