ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • スポーツオーソリティ

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2018.5.5[チーム]

Powered by GAMBAplus

2018.5.5(土 祝) 14:00~ 明治安田生命J1リーグ 第13節 ●0-2 札幌@札幌厚別
[レビュー]悔やまれる後半早々の攻め。決定機逃したガンバが敵地で3連勝を逃す

一つ後のニュース

「一つでも順位を上げてくためには連勝が必要になる。札幌戦でも勝ちを目指したい」(遠藤)。
ホームで連勝を飾った勢いとともに今季初の3連勝を目指したガンバは前節、戦線復帰した今野が先発に復帰し、マテウスとのダブルボランチを形成した。2連勝中の勢いを受けて、いい試合の入りを意識したガンバだったが、開始早々の10分、思わぬアクシデントが降り掛かる。
クロスを防いだ林が都倉に顔を蹴られて出血。前半のガンバは警戒していたサイドの攻防で好調の札幌に遅れをとり、苦しい時間帯が続いて行く。

「札幌にはクロスに強い選手がいるので、クロスを上げさせないことも大事」と話したレヴィー・クルピ監督の懸念が39分に的中する。
右サイドで起点を作られ、警戒していたクロスを上げられたガンバは、一度は三浦が弾くもののこぼれ球を蹴り込まれて、先制点を献上する。
前節、攻撃陣を温存し、体力面では優位に立つ札幌に対して追う展開となったガンバは林の治療によって生じた7分間のアディショナルタイムで前半終了間際、ファビオの縦パスを受けたファンがシュートを放ち、最初の決定機を作り出す。
ほぼ札幌ペースで進んだ前半を受けて、クルピ監督は長沢を投入し、ファンとの2トップにスイッチ。今野に代わってボランチに入った遠藤が「よりボールを支配するのが狙いだった」とようやく本来の攻撃力を見せ始める。

後半の立ち上がりから明らかに主導権を得たガンバは58分、ファンとのパス交換から倉田がフィニッシュ。60分にも狙いとするハーフカウンターから倉田が決定的なチャンスをつかみとるが札幌の粘りの前にゴールを割り切れない。
「自分に決定機があったので、それを決めていたら分からない試合だった」と背番号10は悔やんだが、それはこの日のガンバ全体に言える言葉だった。71分にも倉田のクロスからファンがニアで際どいヘディングシュートを放つなど札幌を明らかに押し込んでいた時間帯に、魔の時間帯が待っていた。
72分、左サイドを崩され、混戦模様の中から都倉に致命的な2点目を許したガンバ。過密日程の中でも遠藤を起点に後半はゲームを支配しながら、終わってみれば0対2で悔しい負けを喫したが敗因は明確だ。
「後半はほぼゲームを支配していたので早い段階で点を取れれば、また違う展開になっていた」(遠藤)。優位に運んだ後半早々の決定力不足に泣いたガンバが、今季初の3連勝を逃した。