ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • スポーツオーソリティ

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2018.5.6[チーム]

Powered by GAMBAplus

2018.5.6(日) 14:00~ 明治安田生命J3リーグ 第10節 ○3-0 沼津@万博
[レビュー]リーグ最強の盾を粉砕。若きガンバが首位を撃破する

一つ後のニュース

前節、琉球に悔しい負けを喫した若きガンバの意地がピッチの至る所に見て取れた沼津戦だった。
今季8試合でわずか3失点というJ3最強の「盾」を誇る沼津の堅守を粉砕。3得点を叩き込んだガンバ大阪U-23だが、歓喜のゴールショーをもたらしたのは守備陣の踏ん張りだった。
「失点をしないようにしようというところでスタートした試合で、それが上手く後半につながった」と宮本監督は試合を振り返ったが、試合後の選手たちは誰もが同じ言葉を口にした。
「前半をゼロで抑えようと割り切って戦っていた」(野田)。前半は風下でプレーしたガンバ大阪U-23に対して、ロングボールを多用し、押し込みにかかってくる沼津。中2日の連戦で、先発の7人を入れ替えコンディション的にも優位に立つ沼津が主導権を握ったのは確かだったが、若きガンバは最終ラインが弾き返し、「今日はボールを奪うよりも、ボランチでセカンドボールを拾う意識を持っていた」(高)と誰もがベクトルを重ね合わせて、苦しい時間帯をしのぎ切った。

21分に福田が負傷交代するアクシデントもあったが、スコアレスで折り返した若きガンバが後半、徐々に狙いとする攻撃を見せ始める。
ボールを回収する高に対して、ボランチのポジションで試合を作る矢島。正攻法だけでは、堅いブロックを形成する沼津をこじ開けるのは簡単ではないが、63分の先制点は矢島の戦術眼とチームが狙いとしたカウンターの精度が結実したものだった。
「一瞬の隙を突かれた」と沼津の吉田監督は悔しがったが、矢島を起点に右サイドバックの松田が絶妙の攻撃参加。「狙い通りの形ではなかったが気持ちで押し込んだ」と中央に飛び込んだ髙木が2試合連続のゴールで沼津のゴールをこじ開ける。
前半とは一転して、風の影響もなくガンバ大阪U-23らしいボールポゼッションを披露。すると70分にも「こちらが3枚で回していると、相手サイドハーフが出て来て、サイドバックが更に出て来るのは見えていた」と矢島の絶妙な組み立てから右サイドを崩し切る。
一美のクロスを妹尾が合わせて2点目を奪うと、その後は沼津に付け入る隙を与えることなくゲームをコントロール。88分には相手GKのキックミスにつけこんだショートカウンターを一美が豪快に蹴り込んで、ゴールショーを完結した。

「本当に選手がハードワークした結果」(宮本監督)。中2日の日程で意地と地力を見せた若きガンバがホームで見事に首位に勝ち切った。