ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • スポーツオーソリティ

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2018.5.13[チーム]

Powered by GAMBAplus

2018.5.12(土) 19:00~ 明治安田生命J1リーグ 第14節 △1-1 横浜FM@日産ス
[レビュー]横浜F・マリノスとの我慢比べ。先手を取りながら、ガンバが痛恨のドローに

一つ後のニュース

今季、アウェイではリーグ6戦全敗。ホームでは強さを見せ始めているガンバだが敵地での低調さが現在の順位につながっているのは紛れもない事実だった。
「チームはここで意地を見せないといけないし、アウェイでもしっかりと勝ち点を取りたい」。レヴィー クルピ監督の意気込みは横浜F・マリノス戦のピッチに送り出した布陣にも見て取れた。

大阪ダービー以来の戦線復帰となる東口に加えて、最終ラインでは菅沼が先発。3バックで挑んだガンバだったが、その狙いは「アウェイでは先に失点している。まず点を取られないことが大事」(三浦)という守備面でのテコ入れだった。
独特のポジショニングでビルドアップしてくる横浜F・マリノスにボールを握られ、守勢に回る時間も多かった前半のガンバだったが、誰もが割り切って守備に徹し、決定機は許さない。
「不安もあったけど、すんなり試合に入れたし、自分らしいプレーも出来た」と東口がフェイスガードをつけながら勇気ある飛び出しや好セーブで最後尾を引き締めて折り返したゲームで、クルピ監督は勝ち点3を奪うべく、後半から藤本を送り出す。
「マリノスの試合は割と見ているけど、GKがかなり高い位置に出て来る」(藤本)。52分、試合の均衡を破った藤本の超ロングシュートは決して偶然の産物ではなかった。相手GKのポジショニングを見るや、藤本は左足を振り抜いて、自陣のハーフライン付近から見事な先制点を叩き込む。
「3バックで試合に入ったという意味では前半失点もしなかったし、先制点も取れた」(藤本)。我慢の末にアウェイで待望の先手を取ったガンバだったが、15位の横浜F・マリノスにとっても、ホームで負けられない試合だけに、やはりギアを上げて来る。
「当然相手は反撃に出なければならない、そしてそれを受けて我々はカウンターを狙うというのは当然の流れ」(クルピ監督)。より前がかりになってくるであろう、相手の背後を突いてカウンターを繰り出したかったガンバだったが61分、直接FKを直接蹴り込まれて痛恨の同点ゴールを献上すると、その後は再び我慢の時間帯が続いて行く。

失点直後の63分には倉田を切り札的に投入し、70分には中村を送り出したクルピ監督だったが決定機を作り出すには至らずも、菅沼や東口ら守備陣が奮闘。絶対に許しては行けない逆転ゴールを与えることなく、タイムアップの笛を聞いた。
勝ちきれなかったが、アウェイでの連敗をストップしたガンバ。守備面では奏功した3バックだが「奪ってからどうするのかは課題」(藤本)という収穫と課題が相半ばした横浜F・マリノス戦だった。