ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • スポーツオーソリティ

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2018.6.1[チーム]

Powered by GAMBAplus

2018.6.2(土) 14:00~ 明治安田生命J3リーグ 第12節 △1-1 C大23@ヤンマー
[プレビュー]若きガンバが挑む今季初のダービー。敵地で目指すのは勝利のみ

一つ後のニュース

ガンバにとって絶対に負けられない戦いがC大阪との大阪ダービー。弟分のガンバ大阪U-23にとっても、ガンバの看板を背負って戦うC大阪U-23戦は同じ意味を持つ。
「僕がガンバに来て3年目。ダービーの大事さはわかっています」と生え抜きではない一美でさえ、こう言い切るのが今節の戦いだ。
今季初の3連勝を目指した前節、FC東京U-23に自滅し敗れた若きガンバは、アウェイでC大阪U-23と激突する。

いい守備をいい攻撃につなげて来たのが今季のガンバ大阪U-23。仕切り直しとなる大阪ダービーで必勝を誓うチームは前節の敗戦を糧にするつもりだ。
「FC東京U-23は他のチームと違って足元がうまく、プレスが少しはまらずズルズルと下がってしまった」と振り返るのは宮本監督だ。
徹底したハードワークをベースとするC大阪U-23に対し、いかに立ち上がりから本来のアグレッシブな守備を見せきれるか。前節、4失点した守備陣の立て直しを誓う野田は「同じミスをしていては勝てない。リズムがつかめない時間帯でどれだけ守備陣が我慢できるか。点が入るまで無失点を続けていけば、勝てる」と我慢強い戦いを覚悟する。

一方、攻撃面に関しては指揮官も選手たちも前節の戦いに手応えを感じている。
「前節、負けはしたけど、点を取れる形は作り出せているし、そこに関しては手応えもある」(宮本監督)。ボランチの矢島と2試合連続得点中の泉澤は若きガンバを支える絶対的な攻撃の軸。走力を生かしたサッカーをベースとするC大阪U-23に対して、ガンバ大阪U-23は、伝統のパスワークで対抗するだけだ。
「攻撃のバリエーションは増えているし、あとは僕が決め切るだけ」と和製エースの一美も、自らの役割を自覚する。
暫定ながら首位との勝ち点差はわずかに3。現在5位のガンバ大阪U-23にとって今節は首位追撃に向けて勝ち点3が欲しい一戦となる。

若きガンバより1試合消化が少ないながらも暫定3位につけるC大阪U-23だが、両者の勝ち点差はわずかに2。勝てば一気に順位が入れ替わる立ち位置で挑む大阪ダービーだけに「僕らが首位を追うためにも絶対に負けられないし、気持ちを込めて戦いたい」(野田)。
C大阪U-23は9試合負け知らずで、失点数はガンバ大阪U-23の半分にあたる9失点のみという堅守を誇るが、リーグ最多得点中(暫定)の若きガンバにとってこじ開けられない相手はなし。弟分が火花を散らし合う大阪ダービーでも、歓喜の雄叫びを上げるのはガンバだ。