ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • スポーツオーソリティ

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2018.7.23[チーム]

Powered by GAMBAplus

2018.7.22(日) 19:00~ 明治安田生命J1リーグ 第17節 ●1-2 清水@吹田S
[レビュー]ファンの一撃で反撃開始。終盤の猛攻実らず、痛恨の連敗に

一つ後のニュース

前節、アウェイで広島に敗れたガンバにとってはホームでの仕切り直しとなった清水戦。出場停止のファビオを欠いたものの、チームは気持ちを切り替えて、ピッチに立っていた。
「僕たちが置かれている順位を考えれば、勝ち点3が不可欠」。マテウスがこう言い切ったように、立ち上がりからガンバが清水ゴールに迫る。
初瀬の攻め上がりから得たCKを3分、三浦がニアで合わせて最初の決定機を作り出すなど、前節の負けを引きずることなく試合に入ったガンバだが、「自分たちのミスも多かったですし、なかなか前にボールが入らなかったので前半は我慢しながらっていう戦いだった」(遠藤)。

22分にはクリスランとの競り合いで三浦が頭からピッチに落ちるような形となり、一時は途中交代かと懸念されたが「三浦、オレ」というゴール裏からのコールにも励まされ、戦列に復帰。古巣相手に燃える三浦の姿勢がガンバに火をつけたかと思われたが、26分に菅沼が痛恨のPKを献上。清水に先制点を許し、ガンバが2試合連続で追う形を強いられた。
「やや苦し紛れの縦パスが前半は多かった」とファンが振り返ったように、前半は攻撃面で迫力を欠いたガンバだが、クルピ監督は後半から藤本をピッチに送り出し、中盤の並びを微修正。タメを作りながら、相手の嫌がるところに縦パスを供給できる藤本の投入によってリズムが変わると48分には藤本のパスを受けたマテウスが強烈なミドルで清水ゴールを脅かす。
しかし、前がかりになった隙を突かれ、ボールロストからカウンターを招くと65分に再びゴールを許し、2点を追う苦しい状況に。
クルピ監督が食野と長沢を投入すべく、準備していた時間帯に喫した2点目だったが食野と長沢の投入で攻撃へのギアを上げたガンバ。「勝つのが一番だけど、負けないことも大事。とにかく勝ち点を拾わないとダメ」と初瀬は勝ち点への執着を口にしたが、2点のビハインドにもチームは折れることなく、清水ゴールを目指す。

反撃の狼煙となったのが75分にファンが叩き込んだファインゴールだった。「淳吾さんからいいパスが来て、自分の得意な形だったので」とファンは得意のカットインから右足を一閃。今季、何度もガンバを救ってきたエースの一撃で1点差に迫るとその後は清水を自陣に釘付けに。
アディショナルタイムには初瀬のクロスに、長い距離を走りきった米倉が頭から飛び込むもゴールを割り切れず、ガンバが痛い連敗を喫した。