ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • スポーツオーソリティ

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2018.9.15[チーム]

2018明治安田J1 第26節 ○2-1神戸@ノエスタ

一つ後のニュース

ルヴァンカップの敗退により今シーズン残す戦いはリーグ戦のみとなったガンバ大阪。
今節はイニエスタ擁する神戸とアウェイでの対戦となった。
リーグ戦では前節川崎を相手に2-0の完封勝利しているだけに連勝、そして今季初のアウェイでの勝利を目指すガンバは、前節同様3バックで試合に臨む。
試合は開始早々の3分。遠藤のパスを渡邉がワンタッチでウィジョに繋ぐと最後はフリーで鋭いシュートを打つが、これはGK正面に飛び決定機を逸する。
12分には髙江が右サイドの裏に抜け出す積極的な姿勢を見せ、そのままシュートまで持って行くがボールは枠外に。
30分。ウィジョと良いコンビネーションを再三見せていた渡邉がペナルティエリア外中央からカーブを掛けたシュートは相手GKがファインセーブを見せこれも得点に繋げられないでいると、徐々に相手に押し込まれる展開になっていく。
すると35分。イニエスタから出たパスをうまくコントロールした古橋に、ゴール前で強烈なシュートを打たれ一度は東口が触れるものの、ボールはクロスバーに当たり、そのままゴールラインを割り先制点を許して試合を折り返す。
ハーフタイムに「パワーを上げて攻撃に行こう」という宮本監督の指示のもと、
後半は髙江に代えてジェソクを投入。3バックから4バックにシステムを変更して臨むと、後半立ち上がりの52分。右サイドで小野瀬がタメを作り、ジェソクがオーバーラップからクロスを上げると、最後はゴール前に走り込んでいた倉田が合わせ同点ゴールを奪う。攻勢を強めるガンバは68分。左サイドを藤春、倉田のパスワークで攻略すると、
最後は倉田のクロスにゴール前でウィジョが合わせ逆転ゴール!ウィジョは今シーズン10点目となった。
神戸は71分、75分と立て続けに選手を代えてゴールを狙いに来るが、ガンバも83分には今野に代えて高。87分にはウィジョに代えて一美を投入し最後まで走りきる。
ロスタイムの5分間も危なげなく守りきり2-1で試合終了。
倉田の1ゴール1アシストの活躍でリーグ戦連勝、そして今季アウェイでの初勝利をあげた!