ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • スポーツオーソリティ

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2018.10.4[チーム]

Powered by GAMBAplus

2018.10.6(土) 14:00~ 明治安田生命J1リーグ 第29節 ○1-0 C大阪@ヤンマー
[プレビュー]藤春・東口が語るJ1第29節 vs C大阪 ― 4連勝の勢いで迎える大阪ダービー。アウェイでガンバの全てをぶつけるのみ

一つ後のニュース

ガンバに関わる全ての人が特別な思いで挑むのがC大阪との大阪ダービー。前節、首位を撃破し降格圏内から抜け出したガンバだが「まだ安心は出来ない。僕らはずっと勝ち続けるだけ」と倉田はチームの思いを代弁する。
5連勝を賭けたダービーは、宮本監督が広島戦後に口にした「皆の力で勝ち切る」という言葉を体現すべき一戦になりそうだ。

3試合連続で決勝点を叩き出しているファンが累積警告により出場停止。エースを大一番で欠くガンバだが、前線には広島戦でも終盤存在感を見せたアデミウソンらがスタンバイ。宮本監督も「アデミウソンは練習でも気持ちを見せている。先発でも全く問題はない」と期待を寄せている。
4連勝中のガンバに対して、C大阪は直近の2試合でドローが続いているが順位やチーム状態が結果に反映されないのがダービーという舞台でもある。リーグ戦では2012年以降、7試合で4勝3分けと負け知らずだが「相手には技術の高い選手も多い」と藤春。連勝を支えてきた泥臭い守備とハードワークをC大阪相手にも見せつけたい。

アカデミー育ちの指揮官にとってもトップの監督として初めて挑むダービーはやはり特別だ。「負けられない試合だと現役の頃から思っていた」(宮本監督)。
熱く、そして激しく。アウェイでもガンバの力を見せつける。

DF4 藤春廣輝「広島に勝利し、リーグ戦4連勝ができたことで、チーム全員が今のサッカーに自信を持てていますし、いい流れの中でダービーを迎えられます。降格圏内を抜け出しましたが、まだまだ残留争いは気が抜けませんし、ここで勝ち点3は落とせません。ただ、リーグ戦でのダービーは長らく負けていませんし、自信を持って自分たちの100%を出すだけです。セレッソの前線にはやはり個々で技術を持つ選手がいますし、僕らも局面の対応でしっかりと抑えないと厳しい試合になります。ガンバの選手としてダービーは絶対に負けられないことはわかっています。」

GK1 東口順昭「チームの流れはいいですが、ダービーでは直前の成績とか流れは関係ないと思っています。どれだけ僕らがこの一戦に全力を注ぎこめるか、そこが勝敗を分けると思います。まだ残留争いは混戦ですし、僕らの順位も難しい順位にいますので、このダービーで勝ちきってチームの力を本物にしていきたい。ウィジョが出場停止の一戦で勝ち点3が取れれば、チームの地力は本物と言えるのでしっかりと勝つつもりです。ホームのダービーは勝ちましたけど、僕自身は早々に負傷交代してしまいました。今度こそはしっかりと最後までチームの勝利に貢献するつもりです。」